2017.05.07

□スティーブ・ジョブズ

ダニー・ボイル版
これまでに飽きるほど語られ、描かれたジョブズ。少し前にも伝記映画が製作されたところですし、違う方法でアプローチしようとジョブズの製品発表プレゼン前の40分の出来事を描くことで、ジョブズ像を描こうというすごい意欲作ですね。
取り上げられたプレゼンは1984年のマッキントッシュ発表時。1988年ネクスト社でのキューブ発表時、そして1998年初代iMac発表時。

この40分、リハーサルやら何やらでひたすら慌ただしいところに、毎回必ずジョブズの娘を連れた元彼女がやってくるのだ。(^_^;
もちろん、ウォズとスカリーもやってきます。すごい構成だわね。
とにかく密度が濃いの。

始めのマック発表時は本当にワクワクした。 マックに「ハロー」と言わせるということにこだわり続けるジョブズ。
白いワイシャツからブルーのフロッピーを取り出すことにこだわるジョブズ。この辺りの描写が無駄なく、実にうまくジョブズを描いてるなと思った。

しかし、マイケル・ファスベンダーが全く似てないんです。というか見事に似せていない。
ウォズニアックやスカリーがかなり似せているのに比べて、これはわざと似せてないのだと思いましたよ。
それから娘のリサが5歳、9歳、19歳と同じ子役が成長に合わせて出ているのでは、と思うほど似た娘を連れてきているのでますますそう思えます。

最後、無茶苦茶なんだけど、妙に感動させるのは、リサちゃんのマウス絵の回収があるからですね。
構成がよくできてるでしょうと、脚本家の自慢げな顔が透けてみえそうなんですが・・・・。

実際、かなり面白かったです。

| | Comments (0)

□ベストセラー

高校生の頃、文庫本でアメリカ作家を読むことが多かった。サリンジャーとか。
文庫には同分野の作家のタイトルなどが案内されていたので、多分それで覚えているのだと思う。
「天使よ、故郷を見よ」というタイトルと、作家の名前、トマス・ウルフ。

タイトルにはなんとなく惹かれながら読むことはなかった。

これはそのトム・ウルフという作家とその才能を見いだした編集者パーキンスの物語。
ウルフをジュード・ロウ、パーキンスをコリン・ファースが演じる。

あふれるように言葉が出てくるウルフの作品。ボリュームがありすぎて出版できないゆえ、パーキンスが
カット、カット、カットを命ずる。そして無事出版され、当時のアメリカでベストセラーになる。

パーキンスはヘミングウェイやフィツジェラルドも担当した敏腕編集者。
ヘミングウェイとフィツジェラルドもちょっと出てくるのだけど、むしろこっちのエピソードの方が面白いかも。

パーキンスが帽子をずっとかぶってるんのが変。(^_^;
家に帰っても、食事のときもずっと。きっと風呂に入る時もかぶっているに違いない。
しかし、一度だけぬぐシーンがあるのだ。


| | Comments (0)

□のだめカンタービレ 最終楽章

プチ玉木宏祭り中でレンタルしてみた。
TVドラマは見ていたけど、映画で完結は見てなかったような?

キャスティングのハマり具合がやはりすごい。
楽しめた。

| | Comments (0)

2016.10.24

□マネー・モンスター

スピーディーでなかなか面白かった。

まあ、定石ですね。

| | Comments (0)

2016.08.17

□キャロル

iTunesで鑑賞。

もしかして、今年初めての映画?

見たいと思っていたのは、ケイトと○で非常に美しい映像&ファッションって感じだったから。

でも、あんまり全体に共感できなかったなあ。ケイトが単に自分勝手に見えたので。

| | Comments (0)

2016.01.02

□キングズ・マン

2016年 初映画。

コリン・ファースがあんなに早く…。

最後の方は大爆笑。脱力しました。

| | Comments (0)

2016.01.01

2015 映画と読書

さて、年末恒例 今年の読書と映画

なんと今年は30冊!! 昨年より多いではないですか。
そのかわり、映画はたった10本。しかも映画館に行ったのは1本のみ。

読書は、仕事で地元ゆかり作家をたくさん読む必要があったので、竹本健治さん、上田早夕里さんを初読みしました。
上田早夕里さんってすごいジャンルが幅広くて、びっくりしちゃいましたが「華竜の宮」の壮大さにあんぐり状態でした。 ただ、ちょっと疲れた。

ベスト5は
1冬の光 篠田節子
2オルフェオ リチャード・パワーズ
3華竜の宮 上田早夕里
4ひみつの王国 ー評伝 石井桃子ー 尾崎真理子
5狗賽童子の島 飯嶋和一

「冬の光」はぶっちぎりで面白かった。 四国からのフェリーで転落死した60過ぎの男性。自殺か? 事故か? 週刊誌や新聞という世間から見た男性の経歴、家族から見た父、夫としての男性の過去の出来事。そして彼自身の視点で見た、学生時代からの物語。彼の生き方を3つの視点から見ていくという面白い構成。その度に「はー、それ、こういうこと!?」と驚き、考えさせられる。
とにかく、ページをくるのがやめられないほど面白かった。

「オルフェオ」は音楽と遺伝子の融合という感じで非常にパワーズらしい作品で、文章からあふれる音が素晴らしい。前作が「は?」っていう出来だったのでこれぞパワーズって感じで満足。

秘密の王国は石井桃子さんの評伝で、労作だと思いました。幼き日のプー体験は一番最初の思い出です。

実は小川洋子さんの「琥珀のまたたき」を読書中。年末年始をまたぎそうです。
 
リスト
■オルフェオ リチャード・パワーズ 新潮社
■キャプテンサンダーボルト 阿部和重・伊坂幸太郎
■ショートカット 柴崎友香
■ツグミはツグミの森 竹内健治 講談社
■パノララ 柴崎友香 講談社
■ハピネス 桐野夏生 光文社
■ひみつの王国 評伝 石井桃子ー 尾崎真理子 新潮社
■ブラック・アゲート 上田早夕里
■まぼろしのパン屋 松宮宏 徳間書店 
■ミニチュア作家 ジェシー・バートン 早川書房
■リヴァトン館 ケイト・モートン 講談社
■ワイルドサイドを歩け 東山彰良 宝島社
■宇治拾遺物語  町田康 訳 河出書房新社 
■華竜の宮 上田早夕里 早川書房
■鬼談 京極夏彦 角川書店
■禁忌 シーラッハ 東京創元社
■紙の動物園  ケン・リュウ 早川書房
■社員たち 北野勇作 河出書房新社
■寝ても覚めても夢 ミュリエル・スパーク 河出書房新社
■冬の光 篠田節子 文藝春秋
■犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ 東京創元社
■閉じ箱 竹本健治 角川ノベルズ
■捕虜の赤かぶら 三木治子 培養社
■夜の国のクーパー 伊坂幸太郎 東京創元社
■夜また夜の深い夜 桐野夏生 幻冬舎
■妖怪探偵・百目 廃墟を満たす禍 光文社文庫 上田早夕里
■冷たい晩餐 ヘルマン・コッホ イーストプレス
■耄碌戦記 清水義範 新潮社
■鹽壺の匙 車谷長吉 新潮社
■狗賓童子の島 飯嶋和一 小学館
■琥珀のまたたき 小川洋子 講談社

映画はベストも何も10本なので…。「ビル・カミンガム&NY」が一番好きでした。本当に見てよかったと思える作品でした。
「黄金のアデーレ」も素晴らしい作品だったけど、何しろ見たあとモヤモヤが。
「ゴーンガール」はあまりの展開に唖然。なんて話しや〜。(^_^; 面白かったけどね。

リスト
□ウォルト・ディズニーの約束
□くるみ割り人形 人気バレエ公演への道
□ゴーンガール
□サイド・エフェクト
□チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
□トム・アット・ザ・ファーム
□ビッグアイズ
□ビル・カニンガム&ニューヨーク
□ファイアbyルブタン
□黄金のアデーレ

今年ももっと本を読んで映画を楽しめますように。

| | Comments (0)

2015.12.31

□くるみ割り人形 人気バレエ公演への道

iTuneで鑑賞

一般公開されたかどうかわからないけれど、楽しい映画だった。
元キーロフ・バレエ団のスターだったマラート・ダイカイエフが開いているロサンゼルスのバレエ学校で
毎年上演される「くるみ割り人」の公演までのドキュメンタリー。
総勢100名以上いるのかな。 オーディションから練習、衣装合わせ、リハーサル、本番までを描いているけれど、家族総出とてもアットホームな公演。そして舞台は美しくダンサーたちも素晴らしかった。

| | Comments (0)

□黄金のアデーレ

今年はじめて映画館で映画を見ましたよ〜。多分これで最後だけど。

映画は役者も構成もとてもよかったんだけど、でもやっぱり釈然としないんだな〜。

クリムトのアデーレ・ブロッホバウアーは30年くらい前にウィーンのベルベデーレ宮殿でみました。
映画の中でも言われたように、クリムトの作品はオーストリアの至宝で、クリムトとエゴン・シーレの作品が本当にたくさんあって、ため息をつきながら回ったものです。至福の時間だったなあ。

と、その思いがあるので、彼女達家族がオーストリアを出た経緯も、絵がどのよに奪取されたかわかったとしてもアデーレはウィーンに居てほしかった。

本来の所有者、アデーレの姪マリアの視点から見ているのでオーストリア政府を徹底的に「悪」にしてあるんだけど、やっぱり、最終的にはベルベデーレに置いておいて欲しかったなあ。

裁判に勝って、オーストリアから謝罪を受けて、あらためてベルベデーレに寄贈という風に
ならなかったのか。悔やまれますねえ。

| | Comments (0)

2015.10.13

□ビル・カニンガム&ニューヨーク

NYでストリートファッションを撮り続けている82歳の写真家、ビル・カニンガムのドキュメンタリー。

ブレない生き方、ポリシーを持った素晴らしくチャーミングなおじいちゃん。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧