« ◾︎スケアクロウ 上・下 マイクル・コナリー 講談社文庫 | Main | ・12人の優しい日本人 を読む会 »

2020.03.02

◾︎イタリアン・シューズ ヘニング・マンケル 東京創元社

なんだか不思議な話だった。

北欧ミステリーの巨匠というから、ミステリーなのかと読み出したら。たいそう不可思議な物語だった。

主人公は元医師。現在66歳で12年前から祖父母が残した島に一人で住んでいる世捨て人。

彼はある事件のせいで医者を辞めた。その事件は後ほど明らかになる。

彼は生涯独身だったが、学生時代に恋人がいた。そして彼女を捨てアメリカに留学し、そのまま音信不通となった。

 

犬と猫と暮らし、週一でやってくる郵便配達夫以外には交流がない。

毎日の日課は朝起きて冷たい海に身を浸すこと!!! いやー。北欧の人ってすごいわ。


そんな彼の元に歩行器を使ってしか歩けないほど衰弱した女性がやってくる。それは昔別れも告げずに捨てた彼女だった。

 

彼女は付き合っていた時に彼がどこよりも美しいといった湖に連れていって欲しいという。彼女はガンで余命は短い。

彼女の願いを聞くため数年ぶりに島を出る主人公。

湖をみつけたあと、今度はさらに寄り道をしたいという彼女の言うままたどり着いた村にはトレラーハウスに住む風変わりな女性が

住んでいた。彼女は告げる。「この子はあなたの娘よ」

 

娘が暮らす村には、イタリアンシューズの名匠がいた。世界各地の著名人が靴作りを頼みにくるという。娘は主人公の靴を作ってもらうよう手配する。

しかし彼女と娘の性格はなかなか激しく、主人公は結局その村から二人を置いて逃げ出し島に帰る。

 

ただやはり彼の中で何かが変わっていき、長年心にひきづっていた事件の被害者である女性に連絡をとることにした。

その女性は水泳選手で腕にガンがみつかり、急遽代役で手術を引き受けることとなった主人公は助手のミスで健常な腕を切断してしまう。

選手生命を絶たれた彼女は今何をしているのか。

孤児や家庭に問題のある少女を引き取って面倒を見る施設を運営していることがわかり、訪ねていく。そこで暮らす少女にたちにも会う。

 

また島に戻った主人公の元へ、今度は施設であった少女がやってきて、なんと自殺してしまう!

 

こんなに長々とストーリーを書いたのは、実は主人公がよーわからん人で、話も「ええ、なんで!?」の連続だから。

 

とにかく主人公は逃げて逃げて逃げてばかりいる人なのだ。晩年にようやく恋人と娘に出会い生き直すことを考え始めるのだけど

でもなんだかどっかずれていて変な人。恋人も娘をはじめ女達もみんな変な人たちばかりだ。

 

共感はわかない。でも自分自身を顧みれば、変な行動、変な言説、変な感情に対して言い訳で取り繕うこともあるだろう。

わけわからん!と思いつつもなぜか最後まで読んでしまった。

 

 

|

« ◾︎スケアクロウ 上・下 マイクル・コナリー 講談社文庫 | Main | ・12人の優しい日本人 を読む会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ◾︎スケアクロウ 上・下 マイクル・コナリー 講談社文庫 | Main | ・12人の優しい日本人 を読む会 »