« 2017年 読書と映画 | Main | ■ホワイト・ラビット 伊坂幸太郎 新潮社 »

2018.01.30

■ノーラ・ウェブスター コルム・トビーン 新潮社クレストブック

2年前に読んだ「ブルックリン」は本当によい作品だった。映画もよかったし。

コルム・トビーンなら
きっと面白いに違いないと手にした「ブラックウォーター灯台」。うーん。読んでいて辛かった。

そしてこの小説…。「ブルックリン」の主人公が生まれ育ったアイルランドのエニスコーシーが舞台。というか、作者もここの出身で作者の母をモデルとして自伝的作品ということなのだけど。


日常を細やかに描写し、ドラマチックなことはあまり起こらず、個々のエピソードが淡々と語られるという
「ブルックリン」で長所と思っていたことが、すべて裏目に出ている感じ。

読んでて、ずっとイライラしていたのだった。

ノーラさんは結婚して20年くらい。夫に先立たれ、喪失感を味わいながらも立ち直っていく3年間を描いている。
子どもは大学に通う娘2人と、小学生の男の子2人。

ブルックリンの主人公は真面目で真っ直ぐな性格の若い女の子だけど、性格はノーラと似たかなりの頑固者であった。でも若い分なのか? 新しい土地で新しい人や知識を受け入れていく素直さもある。

でもノーラはなあ。なんか意固地で頑ななんだよ。
小説中で知人が「あなたには品位がある」とノーラを褒める部分があるのだけど、そうかな。ただの頑固だと思うし、基本的に心がせまいよ。

昔働いていた会社に復帰するのだけど、元同僚でそのまま会社に残り現在はノーラの上司となる女性。小説中で嫌なやつのように書いてあるけど、確かに問題点もあるけど、ノーラ自身、彼女にかなりひどい態度をとっているので共感できない。そこまでされるような人ではない気がする。
そして会社のオーナーの娘。頭は悪くないようだけど、朝からずっと私用電話をかけまくっている描写が何度も出てくる。本人もノーラも悪いと思っていない点も理解できない。 

あと、労働組合問題、IRA関係で娘が活動家なのか?といった問題、色々エピソードがあるけどみんな何だか中途半端なのも気持ちが悪い。

ノーラの二人の息子の教育についても、ノーラの妹夫婦の方が息子たちのこと(娘たちのことも)よくわかっているように思えるし。

一体ノーラのどこがいいのか?  正直言って、わたしはノーラとあまりお友達になりたいと思わないなあ。

コルムさん・・・・。しばらく読む気になれない。


|

« 2017年 読書と映画 | Main | ■ホワイト・ラビット 伊坂幸太郎 新潮社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 2017年 読書と映画 | Main | ■ホワイト・ラビット 伊坂幸太郎 新潮社 »