« ■となりのセレブたち 篠田節子 新潮社 | Main | ■ノーラ・ウェブスター コルム・トビーン 新潮社クレストブック »

2018.01.01

2017年 読書と映画

恒例 一年の総括。
今年は昨年末から入院していた母が1月に退院して、ホッとしたのも束の間、2月早々に父が入院。
結局4か月近く闘病の後退院と、半年近く落ち着くヒマもなかった。

と、その割には本は読めたかも。一応一か月3冊くらいは読めた。
しかも今年はかなりよい本が読めたのでとても嬉しい。

印象に残っているのは
佐藤亜紀の「スイングしなけりゃ始まらない」「吸血鬼」
町田康の「ギケイキ」
梓澤要の「画狂其一」
ポールオースターの「冬の日誌」「内面からの報告書」
ケイト・モートンの「湖畔荘」

特に「画狂其一」は本当に面白かった。江戸琳派の創始者酒井抱一が姫路藩のお殿様の弟なので
なにげに読み始めたのだけれど、琳派の系譜はもちろん画家の絵に対する情熱が丁寧に描かれていて引き込まれた。文章は抑制がきいているのだけど、画家たちの溢れ出る情念を感じました。それぞれの作品に対する描写も素晴らしく、作品を後でみたけど、文章の方がさらに凄みを感じたかも。
登場人物もそれぞれとても客観的な冷静な筆致で描かれているけど、さりげない会話や行動が人物を生き生きさせている。其一さんが出会う多くの人たち、師匠酒井抱一はもちろん、父、弟子たち、妻、旅先で会う人々、顧客である商家の老女、隣家の庄屋の老人・・・それぞれのエピソードや交わす言葉が印象に残る。
いやー本当にこの作品はよかった。

佐藤亜紀の「スイング・・・」はあまりに衝撃的な内容で驚きました。面白いピカレスク小説です。でも「吸血鬼」の方が佐藤亜紀らしいかな。どちらというと「吸血鬼」の方が好き。

町田康のギケイキはもう、大笑い!! っでも凄い。 早く続きを読ませてくれ。 

ケイトモートンは大河歴史ロマンミステリーの集大成って感じで、予測を裏切りまくる展開に息つくヒマもない。
最後はそう来たのか! でも許す。堪能しました。


ポールオースターの「冬の日誌」は「身体」の変化から眺める自分史という視点が新鮮。「二人称小説」がこれほど相応しい題材もないだろうね。現在の自分が過去の自分に「君」と呼びかけるのだから。

他にも桐野夏生さんの「夜の谷を行く」は、連合赤軍の話しというより60を過ぎた女性の日常という点から興味深かった。


映画は16本。
「パイレーツ」と「ダンサー・セルゲイポルーニン」は劇場で。
ポルーニンにはちょっとハマって、You Tube でもかなり見たなあ。
DVDでは「ブルックリン」がとてもよかった。原作も好きだったけど、映画も原作の雰囲気そのままにしかも美しい色で再現されて大変満足。


そうそう、今年は個人的に玉木宏にちょっぴりハマって過去の映画や舞台も見に行ってしまった。
彼は表情がよいので、舞台より映像向きだと確認。

来年は還暦。父母の介護はいつまで続くのかわからないけど、最後まで付き合うしかないですねえ。

|

« ■となりのセレブたち 篠田節子 新潮社 | Main | ■ノーラ・ウェブスター コルム・トビーン 新潮社クレストブック »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■となりのセレブたち 篠田節子 新潮社 | Main | ■ノーラ・ウェブスター コルム・トビーン 新潮社クレストブック »