« ■画狂其一 梓澤要 NHK出版 | Main | 2017年 読書と映画 »

2017.12.31

■となりのセレブたち 篠田節子 新潮社

・トマトマジック
・蒼猫のいる家
・ヒーラー
・人格再編
・クラウディア

篠田さんはかなり傾向の違う作品を書かれるけれど、どれも独特の篠田さんしか書けないストーリー。
女同士の日常の確執とか、災厄小説とか、音楽をテーマにしたもの、そして最近は介護など。

ヒーラーが一番面白くて、どんどん吹き流しという得体の知れない生き物が若返りの妙薬として人気になり、その結果人々が無気力になり、社会活力が失われていく様をコミカルに描き、最後は気象変化でその生物がいなくなってしまうまでをシニカルに語り尽くす。らしいなあ〜! と思わず笑ってしまう。

人格再編は最近篠田さん自身も母の介護をしていると知ったけれど子供と親の関係を「介護」を通して描く。
介護まっただなかの私にはつらいような、でも希望のような話しだった。

|

« ■画狂其一 梓澤要 NHK出版 | Main | 2017年 読書と映画 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■画狂其一 梓澤要 NHK出版 | Main | 2017年 読書と映画 »