« October 2017 | Main

November 2017

2017.11.20

■果鋭  黒川博行 幻冬舎

堀やんと誠やんの元マル暴刑事のコンビが、パチンコ業界の闇を暴く。 
暴くといっても、正義感だけではなく、きっちりお金も要求するところがこのコンビらしいのでしょうか?

読んでる時はなかなか面白かったけど、シリーズで読みたいとかそんな感じはない。
とにかく大阪近辺が舞台になっているので、親しみやすくはありました。


| | Comments (0)

2017.11.13

・危険な関係

11月11日 森ノ宮ピロティホールにて 13:00〜

4月くらいに玉木宏が出演している「女の勲章」というドラマを見て、その「色悪」ぶりがハマっていたので、
注目していました。
タイミングよく「危険な関係」に主演という情報を知り、これはちょっと見てみたいなと。

グレン・クローズとマルコヴィッチの映画は30年くらい前に見ており、どう舞台化するのか興味もあった。
まあ、当初はコスチュームものかと思っていたので、衣裳、装置など意表をつかれました。
やっぱり白タイツとか、カツラなんかだとさすがにちょっと・・・でしょうね。

さてさて、楽しみにしていた舞台。
うーん。悪くはなかったけど、ものすごーくよかったってほどでもなかったですかね。

実は玉木宏は声が特徴的なので、舞台が合っているのでは?という期待もあったのです。
で、実際、声もよく聞こえたし発声が悪いということでもないと思うのだけど、芝居がちょっとナチュラル過ぎ?
舞台って、やっぱり見得というか、間をためるとかそういう緩急が必要なのでその辺が映画・ドラマ仕様だったと思う。
きっと細やかな表情の変化とかあったのだろうけど、見やすいピロティホールとはいえ、13列目くらいだとそこまで細かくは見えない。 うん、むしろ画面でクロースアップの方がよい人なのかなあと思ったりしました。

まあ、でも見て損はない舞台でした。演出も好き嫌いはあるだろうけど私は好き。そして衣裳と装置もよかった。
普段ピロティーホールは志の輔さんの落語でしか行かないので、あら、ちゃんと幅も奥行きもある舞台なのねと認識(笑) 。


| | Comments (0)

« October 2017 | Main