« □ベストセラー | Main

2017.05.07

□スティーブ・ジョブズ

ダニー・ボイル版
これまでに飽きるほど語られ、描かれたジョブズ。少し前にも伝記映画が製作されたところですし、違う方法でアプローチしようとジョブズの製品発表プレゼン前の40分の出来事を描くことで、ジョブズ像を描こうというすごい意欲作ですね。
取り上げられたプレゼンは1984年のマッキントッシュ発表時。1988年ネクスト社でのキューブ発表時、そして1998年初代iMac発表時。

この40分、リハーサルやら何やらでひたすら慌ただしいところに、毎回必ずジョブズの娘を連れた元彼女がやってくるのだ。(^_^;
もちろん、ウォズとスカリーもやってきます。すごい構成だわね。
とにかく密度が濃いの。

始めのマック発表時は本当にワクワクした。 マックに「ハロー」と言わせるということにこだわり続けるジョブズ。
白いワイシャツからブルーのフロッピーを取り出すことにこだわるジョブズ。この辺りの描写が無駄なく、実にうまくジョブズを描いてるなと思った。

しかし、マイケル・ファスベンダーが全く似てないんです。というか見事に似せていない。
ウォズニアックやスカリーがかなり似せているのに比べて、これはわざと似せてないのだと思いましたよ。
それから娘のリサが5歳、9歳、19歳と同じ子役が成長に合わせて出ているのでは、と思うほど似た娘を連れてきているのでますますそう思えます。

最後、無茶苦茶なんだけど、妙に感動させるのは、リサちゃんのマウス絵の回収があるからですね。
構成がよくできてるでしょうと、脚本家の自慢げな顔が透けてみえそうなんですが・・・・。

実際、かなり面白かったです。

|

« □ベストセラー | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □ベストセラー | Main