« □のだめカンタービレ 最終楽章 | Main | □スティーブ・ジョブズ »

2017.05.07

□ベストセラー

高校生の頃、文庫本でアメリカ作家を読むことが多かった。サリンジャーとか。
文庫には同分野の作家のタイトルなどが案内されていたので、多分それで覚えているのだと思う。
「天使よ、故郷を見よ」というタイトルと、作家の名前、トマス・ウルフ。

タイトルにはなんとなく惹かれながら読むことはなかった。

これはそのトム・ウルフという作家とその才能を見いだした編集者パーキンスの物語。
ウルフをジュード・ロウ、パーキンスをコリン・ファースが演じる。

あふれるように言葉が出てくるウルフの作品。ボリュームがありすぎて出版できないゆえ、パーキンスが
カット、カット、カットを命ずる。そして無事出版され、当時のアメリカでベストセラーになる。

パーキンスはヘミングウェイやフィツジェラルドも担当した敏腕編集者。
ヘミングウェイとフィツジェラルドもちょっと出てくるのだけど、むしろこっちのエピソードの方が面白いかも。

パーキンスが帽子をずっとかぶってるんのが変。(^_^;
家に帰っても、食事のときもずっと。きっと風呂に入る時もかぶっているに違いない。
しかし、一度だけぬぐシーンがあるのだ。


|

« □のだめカンタービレ 最終楽章 | Main | □スティーブ・ジョブズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □のだめカンタービレ 最終楽章 | Main | □スティーブ・ジョブズ »