« December 2016 | Main | February 2017 »

January 2017

2017.01.01

・2016年の読書とちょっとだけ映画

介護に忙しかった割には29冊、結構読んだかも。
映画は壊滅的ですなあ。劇場に一年間一回も行かなかったってことだわ。
今年のハイライトはミシェル・ウエルベックでした。
たまたま図書館勤めの友人がこんなのあるよと話題の「服従」を勧めてくれたのをきっかけに、邦訳が出ているのは全部読んだ。
作家一気読みは久々だった。

「服従」はイスラム政権となったフランスでインテリたちはどうなっていくのかという話しでタイムリーなテーマだったのだけど。
過去にさかのぼって読んでいくと、これは単なるポルノ? え? SF?という不思議なウエルベックワールドにはまった。
私が好きなのは「ある島の可能性」と「地図と領土」

あとトーマス・ベルンハルトは、ベルンハルト・シュリンクと勘違いいして読んだ。エッセイは面白かったけど「消去」はわけわかんなかった。


NHKのドラマの影響で関連本がたくさん出たので花森さん関連の本をいくつか。
やっぱり花森さんは編集の天才だと思います。
(ちなみドラマはひどい出来だったのでー花森さん、大橋さんに対する冒涜とすら思うー後半ほとんど見ていない)

戦後の天才編集者として、中原淳一も挙げたい。「ひまわり」の創刊も戦後すぐ。焼け跡の中で「美しさ」を追求したところは花森さんと同じだ。
展覧会で雑誌も見たけれど、カラーバランスが素晴らしかった。

ベスト3
地図と領土 ミシェル・ウエルベック
ある島の可能性 ミシェル・ウエルベック
花森安治伝 津野海太郎

| | Comments (0)

« December 2016 | Main | February 2017 »