« ■スティグマータ 近藤史恵 新潮社 | Main | ■ミスターメルセデス 上下  スティーブン・キング   文藝春秋 »

2016.11.23

・中原淳一展 姫路文学館

子供の頃、近所のお姉さんが持っていた「女学生の友」で見た中原淳一の絵。

「スタイル画」というかファッション画がとても洒落て素敵だった。

今回生誕100年とかで、原画を多数見ることができたけど、素晴らしかった。繊細かつ大胆。

雑誌「それいゆ」も面白かった。企画、レイアウト、挿絵、文章などほとんどをこなしたという点で
花森安治にも並ぶ編集者としてのマルチな才能がうかがえる。
画家が本業だから、色彩センスが抜群。2色刷りのカラーと白のバランスに感心しました〜。

天才だな。
戦後すぐにこういうファッション雑誌を出版し「美」を追求したところも、花森さんと同様のスピリッツを感じるよ。


私が小学生時代は、中原淳一の亜流である高橋真琴が大人気だったけど、私はこの人の絵は嫌いだった。
一見、似たように見えるかもしれないけど、高橋真琴の平面的で何にも考えていない表情の女の子だった。
ポーズや服装もただヒラヒラのフリフリで媚があった。
中原淳一さんの女の子の意志的な大きな瞳にはきちんとしたスピリットがあったと思う。

|

« ■スティグマータ 近藤史恵 新潮社 | Main | ■ミスターメルセデス 上下  スティーブン・キング   文藝春秋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■スティグマータ 近藤史恵 新潮社 | Main | ■ミスターメルセデス 上下  スティーブン・キング   文藝春秋 »