« ■奴隷小説 桐野夏生 | Main | ■抱く女 桐野夏生  »

2016.08.23

■だから荒野 桐野夏生

「魂萌え」につぐ、平凡な主婦ハードボイルド路線ですね。

プロローグの息子二人の毒づきのセリフとか、夫の自己中な描写とかあまりにもリアリティがありすぎてすごいわ〜。
家庭を捨てて車だけで家出するこのストーリーを追いかけて一気読みしてしまった。
この辺りはやっぱり桐野さん、うますぎる。

ちょくちょく夫の側からの視点が差し挟まれ、あまりの卑小な夫ぶりに笑えます。

|

« ■奴隷小説 桐野夏生 | Main | ■抱く女 桐野夏生  »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■奴隷小説 桐野夏生 | Main | ■抱く女 桐野夏生  »