« ■だから荒野 桐野夏生 | Main | ■私のもらった文学賞 トーマス・ベルンハルト みすず書房 »

2016.08.25

■抱く女 桐野夏生 

私より少し年上世代の物語だけど、時代の雰囲気はなんとなくわかる。

この頃の女性達への視線とか、女性本人の考え方とか、共感するところも反発するところもある。
主人公の直子と友人の泉。二人に代表されるこの時の女の子たち。

|

« ■だから荒野 桐野夏生 | Main | ■私のもらった文学賞 トーマス・ベルンハルト みすず書房 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■だから荒野 桐野夏生 | Main | ■私のもらった文学賞 トーマス・ベルンハルト みすず書房 »