« March 2016 | Main | May 2016 »

April 2016

2016.04.22

■花森安治伝 津野海太郎 新潮社

花森さんにまつわる本はいくつか読んでるけど、これが一番面白かった。

| | Comments (0)

2016.04.11

■素粒子 ミシェル・ウエルベック 筑摩書房

「服従」でちょっと興味を持ったので他の本も読んでみた。

この人とは同い年なので中学〜大学時代の描写には何となく同世代感覚というか、共感してしまうところがある。

たんたんと時代が描かれる中、物理学とか宇宙とか、遺伝子とかリチャード・パワーズを思い出す点もある。

異父兄弟のミシェルとブリュノの二人。
科学者ミシェルの「性」に対する無関心ぶりと文系ブリュノの飽くなき追求ぶりが対象的に描かれる。
ブリュノパートは、ほとんどポルノ小説やんって、感じ。

| | Comments (0)

2016.04.01

■服従 ミシェル・ウエルベック 河出書房新社

フランスにイスラム政権が誕生した。

主人公はソルボンヌの大学教授。ユイスマンの研究で評価されていて、知性はあるがなんとも薄っぺらい男。
でもそこが非常にリアリティがある。

知性は権力の元でどのようにたやすくひざまずくのか。

ありえないと思いながらもありえるよねーって、人間の弱さを描き出してると思います。

| | Comments (0)

■手のひらの幻獣 三崎亜記 集英社

日野原シリーズ。

なんだか随分スケールの大きな話になってしまったのね。

| | Comments (0)

« March 2016 | Main | May 2016 »