« ■宇治拾遺物語  町田康 訳 河出書房新社  | Main | ■オルフェオ リチャード・パワーズ 新潮社 »

2015.10.31

■ひみつの王国 −評伝 石井桃子ー 尾崎真理子 新潮社

101歳で亡くなった、石井桃子さんの伝記。わたしの最初の本の記憶が、石井桃子訳の「くまのプーさん」で、ひとかたならぬ思い入れがあります。

著者の尾崎真理子さんは新聞記者で、生前の石井桃子さんに長時間インタビューしたことからこの評伝をまとめたという。彼女も私と同世代で、同じように幼い頃から石井桃子の作り出した「児童文学」に心をときめかせた経験があるそうだ。

児童文学者、翻訳家としての石井桃子さんしか知らなかったけれど、編集者、小説家という面もあって
たおやかな中に芯のある人だったのだなあ。


この本で、ヘンリー・ダーガーという作家&画家を知ったは収穫だった。


石井さんの自伝的小説「幻の朱い実」も驚きをもって読んだけれど。そのバックグラウンドが知れて興味深かった。

|

« ■宇治拾遺物語  町田康 訳 河出書房新社  | Main | ■オルフェオ リチャード・パワーズ 新潮社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■宇治拾遺物語  町田康 訳 河出書房新社  | Main | ■オルフェオ リチャード・パワーズ 新潮社 »