« May 2015 | Main | July 2015 »

June 2015

2015.06.23

■鬼談 京極夏彦 角川書店

久しぶりの京極だ〜。
「鬼」をテーマにした短編集。 鬼とは一体何か? 

やっぱり京極は面白い。
鬼景 とか、鬼棲 のような現代もの?が実は上手いのだと思うのよ。
鬼棲の伯母との理屈っぽいやりとりがとても好き。
「鬼気」は認知症のリアルな描写に驚きながら、鬼は「お前」だったところがすごい。

| | Comments (0)

2015.06.14

■禁忌 シーラッハ 東京創元社

| | Comments (0)

2015.06.10

■犯罪 フェルディナント・フォン・シーラッハ 東京創元社

弁護士が、自分の扱った事件を元に創作した短編小説集。

文体でなんだか、ティモ・レオンを書いたダン・ローズを思い出したわ。

| | Comments (0)

2015.06.07

狗賓童子の島 飯嶋和一 小学館

大塩平八郎の乱に加担した河内の大庄屋西村履三郎の息子常太郎は、15歳で父の咎のため隠岐に流された。そこでは、父を罪人ではなく民のために戦った人物と敬う人々が待っていた。
少年から中年期まで、幕末の動乱期を隠岐で過ごした常太郎が島で見たものは。

| | Comments (0)

« May 2015 | Main | July 2015 »