« □アンチヴァイラル | Main | 初夏の色 橋本治 新潮社 »

2014.03.26

■播磨灘物語 司馬遼太郎 講談社文庫

大河ドラマになった官兵衛。 

司馬さんの小説でもやっぱり地味だなあ。 
主人公なんだけど、主人公じゃないというか。
如水と名乗ったのが相応しい、淡々としすぎた人生でした。

よい人みたいだけどさ。 


|

« □アンチヴァイラル | Main | 初夏の色 橋本治 新潮社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □アンチヴァイラル | Main | 初夏の色 橋本治 新潮社 »