« ■ターミナルデイ 小杉英了 | Main | ■マイケル・ムーア、語る マイケル・ムーア 辰巳出版 »

2014.02.15

□長州ファイブ

Gyaoの配信。

こんな映画が作られていたとは、全く知らなかった。
幕末に長州の若き藩士(後の伊藤博文と井上馨を含む)たち5人が、5年で彼の地の技術を習得して戻ることを条件に藩の許可を得て英国に密航した。
のちに彼らは「長州ファイブ」とよばれることになる。

ほとんど英語も話せないまま渡航した彼らは英国の文化を吸収していき、受け入れ先の英国人教授夫妻も彼らの生真面目さ、礼儀正しさを高く評価してくれるようになった。

その後、英仏への襲撃を知った伊藤と井上が、欧米との戦争を辞めさせるため早期帰国。

残った3人は、それぞれ造幣、鉄道、造船を学び、帰国後はそれぞれ造幣局、鉄道省、東京工業大学設立者として素晴らしい業績を残したのだった。


いやー。松田と北村以外は知らない俳優だったけど、よけいに彼らの青春がドキュメンタリーっぽく面白かった。
病気がちの紙幣づくりを夢見る青年が、桜の通り抜けを考えたとか、造船を学んだ山尾がイギリスで聾唖の女性と恋愛から、後に、日本で聾唖学校設立に尽力するとか。
なかなかいい話やな〜と。

|

« ■ターミナルデイ 小杉英了 | Main | ■マイケル・ムーア、語る マイケル・ムーア 辰巳出版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■ターミナルデイ 小杉英了 | Main | ■マイケル・ムーア、語る マイケル・ムーア 辰巳出版 »