« □そして父になる | Main | Lou Reed のこと »

2013.10.02

■工場 小山田浩子 新潮社

「工場」が面白いときいて読んでみた。
巨大工場を舞台に展開される個々の従業員の物語。 ちょっとカフカの「城」っぽい?
時間軸と人物を混乱させる手法は興味深いけど、うーん?というところも多かった。
工場ウ、洗濯機トカゲ 面白い(笑)

しかしそれよりも「いこぼれのむし」という作品が格別に素晴らしい!!
ある会社に勤めるOLを中心に、課の人々の視点で語られる日々の出来事。
「虫」がの使い方が気持ち悪くてうまいです。
人間観察力が凄いですね。

|

« □そして父になる | Main | Lou Reed のこと »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □そして父になる | Main | Lou Reed のこと »