« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

2013.06.25

□ファースト・ポジション

iTuneでレンタル
この方法を忘れてた。しばらくぶりに見ると、見たかったタイトルが並んでるわ〜。

ファースト・ポジションは、ローザンヌほど有名ではないけれど、アメリカで開催される9〜19才までのバレエダンサーの世界規模の大会。 入賞者はバレエ学校の奨学金や、プロバレエ団にスカウトされることもあるようです。

この映画は9名の参加者をクローズアップしたドキュメンタリー。

イタリアの9才の男の子、同じ先生についているイスラエルの9才の女の子、コロンビア出身の18才の青年、アフリカ生まれでアメリカ人に養女として育てられている女の子、プロを目指すアメリカの女子高生、日本人とイギリス人のハーフの少女とその弟。

いやー。みんな想像を絶するうまさ。9才なのに、何?あれ?のイタリアの男の子。 元オペラ座バレエ団のプリンシパルが指導しているんだけど天才すぎる。

コロンビアの青年が特によかった。彼はロイヤルバレエ学校の奨学生に。

みなさん将来が楽しみ。

| | Comments (0)

2013.06.23

□裏切りのサーカス

DVD
ル・カレの映画化

なかなか渋いタッチで良かったけど、後半ちょっとわかりにくかった。
壮大な解説がしてあるサイトを見つけて復習しました。
もう一回見ればよかったけど、返却が迫っていたのであきらめました。

まあ、コリン・ファースが出演している時点で、ね。って感じでしたが。

ジョン・ハート氏、トム・ハーディもよかった〜。

| | Comments (0)

□ブリューゲルの動く絵

DVD
ブリューゲルの「十字架

を活人画(?)にしたような映画。

途中、本当にその絵画のシーンが止まる。いや、俳優たちが静止するのだ。
でも、遠くの馬に乗っている人や、子供たち、馬のシッポなんかは勝手に動いてたりするので
ちょっと可笑しい。
若干無理な姿勢で静止しているおばちゃんは完全にブルブル震えてるし…。

ルトガー・ハウアーが出てる! と思っただけで借りたのだけど、シャーロット・ランプリング、マイケル・ヨークも出演していました。

キリストの磔刑が中央で描かれてながら、周りは16世紀のフランドル地域の風景と人々。
スペイン異端審判の傭兵たちが、プロテスタント狩りをし、素朴な村人たちの平和な生活を脅かす。

それも淡々と描かれ、不思議映画です。

| | Comments (0)

2013.06.18

■仙台ぐらし 伊坂幸太郎 有限会社荒蝦夷

たまたま図書館で見つけた、伊坂幸太郎のエッセイ集。

地元仙台の出版社荒蝦夷が発行する「仙台学」という雑誌に掲載されていたものをまとめたものだ。

2005年から2011年まで書かれ、震災を経た後に書かれたエッセイと短編も併せて掲載されている。


伊坂幸太郎のエッセイって珍しいような気がするし、実際「◎◎が多すぎる」というタイトルで統一されていて、短編集を読んでいるようでもある。

小説は好きだけど、伊坂幸太郎氏のプライベートには特に興味がなかったから、子どもさんがいるのも初めて知った。


| | Comments (0)

2013.06.16

□桐島、部活やめるってよ

随分と評判がよかった作品ですね。
まあ、面白かったけれど。


「ぼくたちはこの世界で生きていかねばならない」というメッセージはきちんと伝わっていると思う。

個人的な思いですが吹奏楽部の部長がとーってもうっとうしいですね。
わたしああいう娘きらい。

でも、あの年代の高校生たちのの感情は、うまく表現されていました。

| | Comments (0)

□ラム・ダイアリー

| | Comments (0)

2013.06.10

■キアズマ 近藤史恵 新潮社

自転車シリーズ?

もしかして、一番面白かったかも。 
自転車シロートの視点で描かれているので、入門編として解りやすかった。

| | Comments (0)

2013.06.04

■残り全部バケーション 伊坂幸太郎

なんだか、久々の伊坂節というか、初期の作品っぽくて楽しく読めたな。

| | Comments (0)

2013.06.03

□最強のふたり

DVD
なんだかやたら評判よさそうなんで借りてみました。

富豪の身障者と、介護をする黒人青年の友情物語。

「よい話し」になってるけど、なんかちょっと引っかかるなあ。

| | Comments (0)

□アルゴ

DVD

妹からすごーく面白いといわれ、その後アカデミー賞も受賞したということで、かなり期待してみました。

んー。でも話は、聞いていたまんまで(笑)。

ベン・アフレックはハンサムだなあと。

あと、いつも思うけど、この作品にしても、「フロスト×ニクソン」にしても、
ハリウッドの70年代〜80年代の時代再現ぶりは見事だ。

| | Comments (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »