« ■喪失 モー・ヘイダー ハヤカワミステリー | Main | ■六人目の少女 ドナート・カッリージ 早川書房 »

2013.04.10

□プラチナデータ

うーん。
まあそこそこ面白かったけど。
鈴木保奈美と杏が、どうもイマイチ。

ストーリー的には、もっと頭脳戦になるのかと期待していたけれど、映画だと結局神楽の天才ぶりって全然見えないのよね。
無駄にアクションシーンが多くないでしょうか? 
逃げ回ってるだけ。科学者なのになんであんなバイクに乗れるのよ〜。キャラクターが違わない?


|

« ■喪失 モー・ヘイダー ハヤカワミステリー | Main | ■六人目の少女 ドナート・カッリージ 早川書房 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■喪失 モー・ヘイダー ハヤカワミステリー | Main | ■六人目の少女 ドナート・カッリージ 早川書房 »