« □キツツキと雨 | Main | ■緑の毒 桐野夏生 角川書店 »

2012.12.13

■夜 橋本治 集英社

ある日、男ぷいっと出て行く。月日が流れ、突然戻ってくるというシチュエーションの男女の短編集。

「暮色」「灯ともし頃」「夜霧」「蝋燭」「暁闇」の5作

最後の暁闇は「男と男」だけど、やっぱり「女と男」だった。

|

« □キツツキと雨 | Main | ■緑の毒 桐野夏生 角川書店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □キツツキと雨 | Main | ■緑の毒 桐野夏生 角川書店 »