« October 2012 | Main | December 2012 »

November 2012

2012.11.25

□カムイ外伝

DVD
伊藤英明祭り第二弾

高校生の頃、アニメのカムイ外伝に夢中だったので、松山ケンイチのカムイにはうーーーーん。

ワイヤーアクションが、笑えるくらい稚拙だし、正直評価できない。
伊藤君の不動、
何を考えているのかわからない、敵か味方かわからない謎の男は適役では。

あと、絵師の人が何か気になる・・・と思っていたら、Pantaでしたか〜。
びっくり。

| | Comments (0)

□アンダルシア

DVD

久々に個人的に、伊藤英明祭りになっているので、未見の作品を借りて見た。

外交官黒田シリーズの前作「アマルフィ」は見ていない。

伊藤君は結構よかったけど、黒木メイサはこの役にはちょっと若過ぎる気が…。

| | Comments (0)

2012.11.15

□悪の教典

最近ほんとうに映画を見ていないのだけど、久々に見たのがこれ。

原作は未読だけど、三池監督+伊藤英明ってことで見てみたいと思ってた。
じつは12年前、わたしは伊藤英明のファンだった。

2000年に放映されたドラマ「YASHA 夜叉」は、吉田秋生のコミックをドラマ化したもので、遺伝子操作で誕生した一卵性双生児の天才兄弟が、生物兵器をめぐって対決する話。
静と凛という名の双子はそれぞれ名前が示すように静と動という対照的なキャラクタ−を一人二役で演じたのが伊藤英明だった。
まだ無名というか、その時は知らない役者だったのだけど、この相反する二人を見事に演じ分けていてたんだなあ。 例えば、凛が静のふりをするという複雑な状況でも、静になってしまうのではなく、ふりをしている凛を演じることができる見事さだった。
そして当初無邪気な青年として登場した凛が、悪の本性を見せるあたりから、凄みが増してくる。
セリフ回しより、表情が素晴らしい役者だった。

とにかくなかなかよく出来たドラマで、完全にハマってしまい、初めてドラマのDVDを買ってしまったくらい。(他に買ったドラマのDVDは「悪魔のようなあいつ」くらいだ。)

その後彼は「海猿」に行ってしまったので、興味を無くしていたけど、三池監督と組んだ「スキヤキウエスタンジャンゴ」は見に行ったわ。
そんなわけで、永年、伊藤英明に二面性のある役をやって欲しいと思っていたので、すごく嬉しかった。

そして、十分その期待に応えてくれたと思います。
こういう役の方が合ってるよなー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
まあ、この人は間違っても「名優」にはならないけど、ハマればハッとするほど素晴らしい時があるので、注意していたい。

ちなみに初主演映画「ブリスター」も面白いのよ。

| | Comments (0)

« October 2012 | Main | December 2012 »