« ■二流小説家 デヴィド・ゴードン 早川ポケットミステリ | Main | ■消失グラデーション 長沢 樹 角川書店 »

2012.02.15

□ドラゴン・タトゥーの女

見ました。
原作を読んだところだったので、タイムリーではありました。

原作を知らなければわかりにくいところもあったかもしれないけど、あの原作をテンポ良くまとめたなあという感想。
オープニングのゼップとエンディングのブライアン・フェリー(どちらもカバーだけど)という選曲が好みでありましたよ。

キャストでいうとスウェーデン版の映画を見ていなんだけど、私はフィンチャー版のリスベットはよかった。
ミカエルは、ジュリアン・サンズのようなイメージだったんで、ちょっと、違うか。(しかしジュリアン・サンズ本人は若き日のヘンリック氏として登場していたのだった!)

|

« ■二流小説家 デヴィド・ゴードン 早川ポケットミステリ | Main | ■消失グラデーション 長沢 樹 角川書店 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■二流小説家 デヴィド・ゴードン 早川ポケットミステリ | Main | ■消失グラデーション 長沢 樹 角川書店 »