« ■矜持 ディック・フランシス/フェリクス・フランシス 早川書房 | Main | □バーレスク »

2011.04.19

■アイルランド・ストーリーズ ウィリアム・トレヴァー 国書刊行会

女洋裁師の子供
キャスリーンの牧草地
第三者
ミス・スミス
トラモアへ新婚旅行
アトラクタ
秋の日射し
哀悼
パラダイスラウンジ
音楽
見込み薄
聖人たち

アイルランドとイギリス、カトリックとプロテスタントの対立の歴史が、普通の人々の生活に影を落としているのがよくわかる。
最初の数編は、人間の本質というかダークサイドをえぐるように、しかし淡々と描いているので、ちょっと鬱になる。
しかし後半になるに従って心が洗われるよう。

|

« ■矜持 ディック・フランシス/フェリクス・フランシス 早川書房 | Main | □バーレスク »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■矜持 ディック・フランシス/フェリクス・フランシス 早川書房 | Main | □バーレスク »