« □ソーシャル・ネットワーク | Main | □今度は愛妻家 »

2011.02.04

■オスカーワイルドとキャンドルライト殺人事件 ジャイルズ・ブランドレス 国書刊行会

シャーロック・ホームズの兄、マイクロフトのモデルはオスカーワイルドだった?

ワイルドとドイルは本当に同じ編集者を通して知り合いであったらしい。
当時のワイルドは時代の寵児で有名人であり、デビュー作を書いたばかりのドイルは、ワイルドを尊敬していた。もし、二人がもっと親しければ?という、仮定の下、ワイルドが探偵役となる推理小説。

ワイルドの知り合いの美少年が殺された。ワイルドは犯人探しを始める。アドバイザーにドイル、助手役にワーズワースの孫という豪華キャスティングで、ビクトリア朝ロンドンを舞台に少し怪しい世界が広がっていくのです。
最初の頃はこの設定だけでかなり楽しめます。

後半はちょっとダレるんですが、絶頂期のワイルドはさもありなんというキャラクタ−作りがうまいです。

これイギリスではベストセラーらしい。シリーズ化するのかしらん?

|

« □ソーシャル・ネットワーク | Main | □今度は愛妻家 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □ソーシャル・ネットワーク | Main | □今度は愛妻家 »