« □今度は愛妻家 | Main | 立川志の輔 独演会 »

2011.02.17

■十字軍物語I  塩野七生 新潮社

ローマシリーズが終わり、ローマ後の地中海世界を描いたあと、十字軍に到達した。

ローマが始まった時、塩野さんはおそらく遺作のつもりで書いていたのでは。それがついに十字軍、4巻予定ですよ!

まず第一巻は十字軍派遣に至る背景から。法王ウルバン2世の大演説により、ヨーロッパ各地にエルサレム奪回の機運が盛り上がるところから始まります。
第一次十字軍のメンバーはほとんど無名の諸候なのですが、信仰心にあつい人徳者ボエモンド、男前でクールな策略家ゴドフロア。高齢ながら名誉欲でいっぱいのサン・ジル。ゴドフロアの甥で、若く無鉄砲だけれど戦には強いタンクレディとか役者にはこと欠きません。

ああ面白し。これからも実に楽しみです。

|

« □今度は愛妻家 | Main | 立川志の輔 独演会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □今度は愛妻家 | Main | 立川志の輔 独演会 »