« ■蝶のゆくえ 橋本治 集英社 | Main | ■エデン 近藤史恵 新潮社 »

2010.05.30

□フロスト×ニクソン

DVD鑑賞

思い起こせば中学生の頃、ウォーターゲート事件に夢中になってました。(笑)FENで公聴会の模様を聞いたり(もちろん、意味はわかりません)TIMEも定期購読したわ。(もちろん、ほとんど意味わかりません) 大統領顧問だったジョン・ディーンがとってもカッコ良かったから、というほんとにアホな理由。
というような過去を持つ私なので、冒頭にディーン氏の公聴会の様子が流れて久々にお顔が見られてちょっと嬉しくなりました。

さて、映画は弾劾で辞任したニクソン。政界復帰をあきらめないニクソンは、イギリス人司会者フロストのインタビューを受けます。 コメディアンあがりで御しやすそうなインタビュアーと踏んで、うまくいけばイメージ回復、業績アピールすることができる、と思ったからです。 一方フロストは仕事も減って同じく起死回生のチャンスとインタビューを自費を投じて企画するわけです。
どちらも、今後の生き残りをかけた試合となる。

インタビューは4日間。最初の3日は、フロストはニクソンにいいようにあしらわれてしまう。とうとうと自分の業績を語るニクソンに一言も口を差し挟めない。 そして最後の日がやってきた。

最終日の前に、ニクソンはフロストに電話をかけます。
そこで語られるのは、ニクソンが中流以下の家庭から苦学して這い上がってきたこと。(ルックスも悪かった)実はフロストも労働者階級からオックスフォードを出たというのを、ニクソンは知ったのです。「君も上流階級から見下されただろう」とニクソンがフロストに語りかけるのでした。これは這い上がってきたもの同士の戦いだと。

フロストはこの電話で、絶対に「敗者にはならない」と決意し、起死回生の策を練ります。

そして・・・対決の日。

いやー、実に面白かった。

ニクソンを演じたフランク・ランジェラも、フロスト役ののマイケル・シーンも素晴らしかったです。
マイケル・シーンって、後で知りましたが「クイーン」でブレア首相をやった人なんですね。 

|

« ■蝶のゆくえ 橋本治 集英社 | Main | ■エデン 近藤史恵 新潮社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■蝶のゆくえ 橋本治 集英社 | Main | ■エデン 近藤史恵 新潮社 »