« ・立川志の輔 独演会 国立文楽劇場 | Main | ■アーサー帝戦記 本田透 幻狼ファンタジアノベルズ »

2010.03.08

□フィクサー

レンタルDVD
レンタル屋の棚をぶらぶら行き来していて「ああ、そういえばティルダ・スウィントンが、アカデミー賞を受賞した作品だなあ」と思い出して借りてみた。

どんな話か、ほとんど知らないで見始めたら、正直初めのうちは、わけわからず眠かったですが、
途中で、ええっ!?という事件が起こり、そこからはスピーディーに進むので面白くなってきました。

主人公のジョージ・クルーニーは弁護士なんだけど、むしろ「もみ消し屋」として重宝がられてる。ギャンブル好きで、バー経営に失敗で借金まみれのダメダメ人間なんですね。

一方、彼が所属している弁護士事務所は農薬会社の薬害訴訟裁判の弁護をしている。ところがクライアントである農薬会社のデータ改ざんなどに気づいた担当弁護士は、良心の呵責から暴露しようとする。そこでジョージ・クルーニーが、弁護士を思いとどまらせるように動き始めるのだが…。

ティルダさんは農薬会社の広報重役役。保身のためにどんどん深みにハマってしまいます。 まあ、よいのですが、ティルダさんがやらなくてもよいのでは?という気もしたな。


|

« ・立川志の輔 独演会 国立文楽劇場 | Main | ■アーサー帝戦記 本田透 幻狼ファンタジアノベルズ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ・立川志の輔 独演会 国立文楽劇場 | Main | ■アーサー帝戦記 本田透 幻狼ファンタジアノベルズ »