« ■チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷 塩野七生 新潮社 | Main | ■三匹のおっさん 有川浩 文藝春秋 »

2009.08.23

●沢田研二@神戸国際会館

Pleaure Pleasure ツアー、2度目です。

神戸はなんと、立ち見席が出たみたいです。

うん、やはり沢田さんは広いホールのほうがよろしいなあと、今回は満足して帰ってきた。

この間のように近すぎると、やはり顔が大きい、とか胴回りに目が行ってしまうので、今回のように、24列目だと、表情はほとんどわからないけど、痩せてるように見えるので、余計なことは考えなくてもよいしな〜。
衣装も着替えあとのチェックのジャケットが、パジャマのように見えたのに、遠目だと気にならないわ。(^_^; 今回、なぜかこの時、酋長さんのかぶり物がありませんでした。

声の調子はもうひとつな感じがしましたが、とにかく暑かったので、お疲れだったのかもしれません。

|

« ■チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷 塩野七生 新潮社 | Main | ■三匹のおっさん 有川浩 文藝春秋 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■チェーザレ・ボルジア あるいは優雅なる冷酷 塩野七生 新潮社 | Main | ■三匹のおっさん 有川浩 文藝春秋 »