« □消されたヘッドライン | Main | ■告白 湊かなえ »

2009.06.05

■ローマ亡き後の地中海世界 上下 塩野七生 新潮社

ローマ帝国が崩壊した後は、中世と呼ばれる時代。
中世から近世までの約1000年は、海賊たちの時代だったのですね。

この時代は、海賊たちがイスラム教布教の旗頭をたてて、地中海を荒らしていたというのに驚きました。(無知でした)それで、海賊装束にターバンが欠かせないのか、と納得。
もちろん、イスラム教徒ばかりが海賊というわけではないのだけれど。

海賊にとらわれたキリスト教徒を取り戻しに十字軍が結成されたとか。そういえばそうだったのか。

一神教がイヤというより、神を利用して統治するというシステムが私は嫌だ。
だから一時シチリア島でイスラム教とキリスト教が共存していたという逸話には、感動を覚えました。

実は、ローマ人シリーズ以外、塩野さんの本は読んだことがなかった。
さっそく「海の都の物語」を読むことにします。

|

« □消されたヘッドライン | Main | ■告白 湊かなえ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □消されたヘッドライン | Main | ■告白 湊かなえ »