« ■冷めない紅茶 小川洋子 | Main | ■動物園で逢いましょう 五條瑛 双葉社 »

2009.05.13

■祝宴 ディック・フランシス&フェリックス・フランシス 早川書房

先日、息子フェリックスとの共著「審判」を読んだのだけど、それ以前にこの「祝宴」が発表されているのを知りました。面白かった。息子との共著、成功ですねえ。

今回はイギリスで最年少でミシュランの星を獲得した若きシェフ、マックスが主人公。彼が料理を担当したパーティで、食中毒事件が発生。それから次々と事件が起こっていくのですが、展開はやっ!
ほとんど一週間くらいの話なので、まるでジェットコースターのようです。

「祝宴」ではマックスが事故に遭いすぎて、少し笑えます。回復力ありすぎです。

差し挟まれるロマンスもジェットコースター並みに進展するけど、わたしはこのカップルがとても好きになりました。 彼女はヴィオラ奏者で、仕事を持つ女性の仕事に対する情熱や考え方がさりげなく折込まれているのです。 
わたしは「競馬シリーズ」の中では「転倒」が好きなんです。少数派だと思いますけどね。これに出てくる主人公ジョウナの恋人航空管制官のソフィがカッコよくて。読んだのは、30年近く前なので、憧れましたわ。


|

« ■冷めない紅茶 小川洋子 | Main | ■動物園で逢いましょう 五條瑛 双葉社 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■冷めない紅茶 小川洋子 | Main | ■動物園で逢いましょう 五條瑛 双葉社 »