« ■傍聞き 長岡弘樹 双葉社 | Main | □歩いても 歩いても »

2009.01.29

■オリンピックの身代金 奥田英朗 角川書店

はじめて読んだ奥田作品は「最悪」であった。
町工場のおやじが、ちょっとしたことがきっかけで、どんどん最悪の方向へころんでゆく。

ここ最近、軽めのコメディータッチのものが多かったので、あの頃の奥田英朗が戻ってきた!って感じですね! 気合いの入った二段組みだし。読み応えあります。

なにしろ、東京オリンピックですからね〜。昭和39年ですからね〜。出てくる人は、今いくつだ?なんて思いながら読んでました。ビートルズに夢中になってるBGの良子ちゃんは今年60歳なのね、とか。

あの頃の日本、あの頃の日本人。
東北の貧農出身の大学生、島崎。 対して大学の同級で現在テレビ局勤務の須賀は、父は警察官僚で華族の家柄。当時憧れの的だったモダンな「団地」に入居した刑事など、多様な登場人物が社会世相を浮かび上がらせていきます。

オリンピックを人質に、島崎が仕掛けた事件。犯行に至る島崎の行動と心情。時間軸と視点が交差して語られるのでとてもスリリング。
ラスト近くは一気に読んでしまいましたが、なんか読み終わったあと、物足りない感じがしたのは何故かしら。

しかし40年たっても全く社会構造が変わっていないのではないの?

それにしても、オリンピックに期待し、盛り上がっていた当時の日本人の気持ち。開会式当日の空の青さの描写に、感慨を抱きます。

だからこそ「体育の日」は10月10日でなくちゃいけないんだよ。 意味のある日なんだから、祝日を元に戻してほしい。


|

« ■傍聞き 長岡弘樹 双葉社 | Main | □歩いても 歩いても »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■傍聞き 長岡弘樹 双葉社 | Main | □歩いても 歩いても »