« ■アーサー・ランサム自伝 | Main | ○ジュリー祭り at 京セラドーム 第2部編 »

2008.11.29

○ジュリー祭り at 京セラドーム 第1部編

いやー。ともかく凄かった。

特に凝った趣向もセットもなく、いつものバンド4人だけのシンプルな編成なのに、ドームの大空間に響き渡るあの声…。7時間。あの声に包まれた至福の時でした。

このメモリアルデイのことは、自分の中でも、できるだけ覚えておきたいので、思い出せることをダラダラと書いていきます。 多分今までで一番長い記事になる予感。

11月29日(土)
東京から遠征してきたJ友たち6名と昼すぎに新大阪で合流し、うどんなどで腹ごしらえして、休憩時間に食べられるように、おにぎりやパンも買ってから、ゆっくりドームへ向かう。
大正駅からゆるゆる歩いて20分ほど、2時半くらいに到着。1時開場で、もう入場している人がほとんどなのか、回りは思ったほど混雑してない。
グッズ売り場も見てみるけど、パンフレットはツアーで購入済みだし、ドームオリジナルグッズが「てぬぐい3枚組」だけなんて…。商売気なさすぎだろう。7人中6人がスルーしました。(^^;)

アリーナ席の入場ゲートを入ると…。うわあ〜。いっぱいだあ。なんだか嬉しい。これだけの人が見に来ているというが、単純に嬉しい。

3時開演より少し遅れてスタート。最初はバンドメンバーによるoverture。結構長いよ。いつジュリーは出てくるの? どんな衣裳? と期待は盛り上がる、そして、いよいよ!
♪そのキスが欲しい♪ というフレーズが。
ファンならば、それだけで「キャ〜!」となること必至の「そのキスが欲しい」で始まりました。
これは、いわばつかみ。 一気に場内(アリーナ席)が熱くなったところで、次の曲が実質上、このライブのオープニング。「60th anniversary club soda」 
芸能生活30周年に当たる年のアルバム「愛まで待てない」の中の「30th anniversary club soda」の歌詞を少しアレンジしたもの。

♪終わらぬショウへ、ようこそ ♪で始まる、まさにこのドームライブに相応しい曲。♪今宵のシンガーは、ちょうど還暦。金髪のいかれた奴♪ と替え歌していました。

この歌は、ほんとにいいのよ。
♪つかの間の恋より、いいものがこの世にはある。見ときなさい。
♪一番好きな人と楽しんでくれたら、それが僕(歌い手)にとってのアニバーサリー
♪ほっといても音楽は、最後に残る。

など、珠玉の言葉がちりばめられた歌詞は、覚和歌子さん。

続いて
確信 ♪ちっぽけな確信をぎゅっとにぎりしめて〜
ACB  ♪2008年でもくたばってなかった (2000年を2008年に替えて)
銀の骨 ♪僕はしあわせ、おそれない
このあたりは、私個人が大好きな曲なのでこの流れは、とても嬉しかった。

その後はタイガースやピッグの曲も交えつつ、ソロ時代のヒット曲をちりばめて。
ファン以外、全く知らないはずのここ数年のシングル曲もやりましたから。(笑)

「知らない曲が多くて、ごめん。でもこんなのもやっていたんですよ」と話す沢田さん。
そうなのよね。こういう曲達を大勢に聞かせたいという気持ちも多いにあったわけだから。

笑ったのが「これから盛り上がる曲、いくぞ〜!」と言ったのに、わりとスロ−ナンバーが続いて、客席は「???」状態。
その後「わたし、トンチンカンなこと言いましたね。今からやん、盛り上がるの」って(笑)
で、盛り上がる曲たち。

ポラロイドGIRL  みんなで手をあげてキラキラ
a.b.c...i love you i love youに合わせて両手を前に投げ出す
サーモスタットな夏  ハイ、ハイ、ハイと合いの手、入ります
彼女はデリケート フリはないけど、ノル曲。久々だよね、この曲は

いつものように曲が終わると「ありがとー、サンキュー、ありがとーね」といいながら、歌い続ける。
イントロ当てクイズみたいだった。

あ、衣裳は意表をつく白いインディアン。

「無謀といわれ、みなさまにおつきあいいただいて。すみませんね。
でもドームでいっぺんやってみたかったの」という

第一部はラブ・ラブ・ラブで終了。
25周年ライブで全員が大合唱していた曲。当時を知らないわたしでも、コーラスの時、
指をLにして、左右にふるというフリを、知らぬうちに、自然にやってしまっていたのが、自分でもおかしかった。

アリーナ12列目だけど、端の端なので、生の姿はほんとに小さい。かといって動き回っているから双眼鏡でもよく見えない。その替わりオーロラビジョンは目の前。左目で生の姿、右目でオーロラビジョンって、無理な体勢(眼勢?)で、しかも踊りながら見てました。
こちら側ステージにきてくれて、オーロラビジョンの前で歌ってくれた時は、生と顔アップが同時に見られて、たまらなく素敵でした。

第1部
OVERTURE
01.そのキスがほしい
02.60th.Anniversary Club Soda
-----MC-----
03.確信
04.A.C.B
05.銀の骨
06.すべてはこの夜に
07.銀河のロマンス
08.モナリザの微笑
09.青い鳥
10.シーサイド・バウンド
11.君だけに愛を
12.花・太陽・雨
13.君をのせて
14.許されない愛
15.あなたへの愛
16.追憶
17.コバルトの季節の中で
18.MON AMOURE JE VIENS DU BOUT DU MONDE
19.おまえがパラダイス
20.6番目のユ・ウ・ウ・ツ
21.晴れのちBLUEBOY
22.Snow Blind
-----MC-----
23.明星
24.風は知らない
25.ある青春
26.いくつかの場面
-----MC-----
27.単純な永遠
28.届かない花々
29.つづくシアワセ
30.生きてたらシアワセ
31.greenboy
32.俺たち最高
33.睡蓮
-----MC-----
34.ポラロイドGIRL
35.a.b.c...i love you
36.サーモスタットな夏
37.彼女はデリケート
38.君のキレイのために
39.マンジャーレ!カンターレ!アモーレ!
40.さよならを待たせて
41.世紀の片恋
42.ラヴ・ラヴ・ラヴ

|

« ■アーサー・ランサム自伝 | Main | ○ジュリー祭り at 京セラドーム 第2部編 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■アーサー・ランサム自伝 | Main | ○ジュリー祭り at 京セラドーム 第2部編 »