« ■愛が嚙みつく悪い星 東山彰良 カッパノベルズ | Main | □ルー・リード/ベルリン »

2008.10.15

□フィツカラルド

クラウス・キンスキーVSヴェルナー・ヘルツォークです。
アマゾンの奥地にオペラハウスを建てようとする男が、資金の捻出のためにアマゾン川を航海します。
首を狩ると言われるインディオ達の不気味な動向。いくつもの船を沈めた魔の滝ポンゴの恐ろしい急流。危険が待ち受ける中、フィツカラルドは、カルーソのオペラを蓄音機でかけながら突き進んで行くのでした。

クラウス・キンスキーって、もっとじいちゃんかと思っていましたが、若々しいのね。
そして驚きのクラウディア・カルディナーレ!
なんて可愛いんでしょう。狂気の沙汰ともいえる航海に出かけるフィツカラルドをいつも笑顔で支える彼女。

ラストシーンの水上オペラ公演は感動的です。

|

« ■愛が嚙みつく悪い星 東山彰良 カッパノベルズ | Main | □ルー・リード/ベルリン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■愛が嚙みつく悪い星 東山彰良 カッパノベルズ | Main | □ルー・リード/ベルリン »