« □フィツカラルド | Main | ■出星前夜 飯嶋和一 小学館 »

2008.10.28

□ルー・リード/ベルリン

ルーリードの「ベルリン」。ベルリンを舞台にしたドラッグ、暴力、バイセクシュアルの香りが漂うコンセプトアルバム。
批評家からは絶賛を浴びながら、商業的には失敗し、その後ステージでの演奏は33年間封印された。幻の傑作が今甦る、愛と興奮(笑)のレイトロードショー。(はい、レイトショー上映しかありません)

高校生の頃から好きなルー・リード。でも「ベルリン」は暗くって、じつはあんまり好きではありませんでした。でも、やはり見とかないとね。高校時代、一緒に聴いていた友人を誘って鑑賞です。


ジュリアン・シュナーベルが監督というので、ミニストーリーのようなものが差し挟まれたりするのかと思っていましたが、映像はステージのバックにイメージとして流されるだけで、普通のライブコンサートでした。オーケストラ、コーラスが共演していますが、指揮者が無茶苦茶はじけているのを筆頭に歌詞は異常に暗いのに、ルーはもちろんミュージシャンがみんな、やたら楽しげなのがおかしかった。

にしても「好きじゃない」といいながら、どんだけ聞き込んでいたんだよっ!ってくらい、いったんイントロが流れると、曲の細部まで覚えていたのに我ながら驚いた。

「キャロライン セッズ2」という歌は久々に聞いて、涙がでるほど感激。「ベルリン」の中で一番好きな曲でした。暗い高校時代を思い出して…。

それにしてもルーのお母さんが、まだご健在というのを知り、驚愕。おいくつなのでしょうか。

わからない方には全くわからない、極私的感想でございました。失礼。


|

« □フィツカラルド | Main | ■出星前夜 飯嶋和一 小学館 »

Comments

『ベルリン』、昔よく聴いてました。歌詞の意味はまったく分からなかったのですが…

Posted by: べろぞう | 2008.11.03 at 11:05 AM

コメントありがとうございます。べろぞうさんもLou Reed聴かれていたのですね。
意味はわからなくても、伝わってくるものはあるものです。姫路にミニシアターがあれば、この映画も上映できたかもしれませんね。

Posted by: 紫野 | 2008.11.28 at 11:19 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □フィツカラルド | Main | ■出星前夜 飯嶋和一 小学館 »