« ○還暦だぞ!! Rock'n'Roll March 沢田研二 at 神戸国際ホール | Main | ○SONGS 沢田研二 »

2008.09.17

□バベットの晩餐会

ずいぶん前に公開された映画ですが、見そびれていたのですが、知人にDVDを貸していただき、見ることができました。

北欧の片田舎に暮らす、敬虔なキリスト教徒の姉妹。牧師の父によって厳格に育てられ、姉妹を思う男性がいたにもかかわらず、結婚することなく老年を迎えています。亡くなった父の意志を継ぎ貧しい人々へのボランティア活動を日々行っています。
そこへフランス革命で命からがら逃げ出してきたバベットという女性がやってきます。かって姉のことを好きだったフランス人歌手が紹介してくれたのです。バベットは無給で二人の姉妹の召使いとして働きます。特に料理の腕は素晴らしく。ある日、彼女は宝くじで大金を得ます。そのお金で牧師の生誕祝いを信者を招いたディナーを開きたいと申し出ます。
フランスから仕入れた最高の材料を使った素晴らしい料理の数々。食べたことのない料理に、村人たちは罪悪感すら抱いているのだけれど、あまりの美味しさに、次第に心は開放され、幸福に満たされていくのです。

淡々としていながら、ちょっとおとぎ話のようでもある。さすがアンデルセンの国デンマークという感じか?
でもおとぎ話風味ではあっても、イサク・ディーネセンの原作なんですね。老姉妹とバベットという3人の女性の生き方が、凛としているところが、よいなあと思います。

出てくる人がみんなマントを着ています。フード付きのものや打合せの深いのや、丈が短いのはケープというのかな。きらびやかではないけど、衣裳も素敵。

|

« ○還暦だぞ!! Rock'n'Roll March 沢田研二 at 神戸国際ホール | Main | ○SONGS 沢田研二 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ○還暦だぞ!! Rock'n'Roll March 沢田研二 at 神戸国際ホール | Main | ○SONGS 沢田研二 »