« August 2008 | Main | October 2008 »

September 2008

2008.09.26

■われらが歌う時 リチャード・パワーズ 新潮社

「囚人のジレンマ」は途中で放棄しちゃったんだけど、こちらは頑張って読み通しましたよ。
基本的にパワーズ氏のテーマは、いつも「家族」です。アメリカという移民の国には、さまざまな人種が存在するわけだけど、だからこそ「家族」は大切なんですね。
第二次大戦中にアメリカに亡命してきたドイツ系ユダヤ人の物理学者の父と、黒人の母。そして兄・弟・妹の3兄弟の家族の物語です。
重要なモチーフは音楽。父母の出会いも、家族の絆も音楽にあります。
兄は天才的なテノール歌手に、弟はピアニストとして兄を支えます。

ユダヤ人と黒人という、二重のハンデを背負った兄弟たち。時代は1960年前後の黒人の公民権運動が盛んになって来た頃を中心に進んでいますが、章ごとに父と母の出会いの時期に戻ったり、時間はいったりきたりする構成。いよいよ激しくなる公民権運動のうねりの中で、最終的に3兄弟それぞれが選んだ道は? 

とにかく力強くパワフルで、全編に黒人霊歌のように、わき上がってくる音楽が流れている感じ。
兄のデビュー時期と、黒人暴動を目撃したジョナが、暴徒を見て指揮をするというシーンがあります。このあたりの表現力は作者の力のすごさを感じます。映画的といえるかもしれない。
ほかにも、家族であらゆる音楽を引用しながら合唱するシーンや、後半の子供たちと兄がコーラスするシーンなどの描写は、音楽を文章で表現した中で、最上のものではないでしょうか?

それから、印象的なフレーズが繰り返しでてきます。
「魚と鳥は恋に落ちることができる。」とか
「どの方角に望遠鏡をむけても、必ず違った波長を見つけることができる」

これが読み終わったあと、おおお〜という仕掛けにつながっていくんですが・・・。

上手くまとめられないけれど、圧倒された今年一番の小説であることは間違いなしでした。

| | Comments (0)

2008.09.25

○SONGS 沢田研二 Part2

なんというか…。
リアルタイムで見るとドキドキ(ときめいてるというより、ハラハラに近い)するのです。わー、そのアップ、ダメ!とか。ほんと、ファン(だよね?と自問自答)にあるまじき突っ込みを入れてしまいそうになります。
録画したものを2回目以降で、やっと落ち着いてみることができます。今回は始めから、ブラウン管・地上アナログで見ましたよ。

しかし、まあ加瀬さんという人は本当に沢田さんが好きだと言うことがわかりましたね。あんなに嬉しそうに、見つめてらっしゃるなんて。

歌は「時すぎ」はちょっと、声の伸びが悪かったような気がしたんだけど、しっかし! 驚いたのは「君だけに愛を」でした。凄いわ。
わたくし元々、沢田さんの「RU」音の響きが好きだったんですが、現在は「i」音がびっくりするほど良いですね。
君だけに〜の「に」タッチし〜た〜い〜の「い」とか。やたらと「い行」が多い歌でしたが、きれいな声で「い〜」と伸びるのが嬉しかった。

あと、衣裳は最後の一番普通のスーツが一番痩せて見えた。
2001年の時は結構、地味系のスーツでテレビに出てたから、今回は派手にしてみたんだろうか。

Part1で、元気で今もロックを歌う沢田さんをアピールし、Part2で昔の仲間と語らいながらという構成はとてもよかったと思う。
個人的には「ロックンロールマーチ」と「神々たちよ護れ」が聞けたPart1の方が好きでしたけどね。

| | Comments (0)

2008.09.20

○SONGS 沢田研二

えー、ずいぶん遅れての感想ですが。(録画しっぱいしてた。初めの2分が切れてたよ! (^_^;

リアルタイムでももちろん見てました。リビングの液晶テレビで観るつもりで、画面サイズをフル→ノーマルに変更して(ちょっとでも横幅を狭くしようとおもって)待ち構えていたんですが。
なんか家族がやってきて一緒に見るものだから、後半は結局、自室のブラウン管テレビで見てた。
(一緒に見るの恥ずかしいのよ、なんだか。)
うん、でもその方がよかったわ。ちょっと映像が粗くて、遠目がいいです。(笑) 

ま、見た目の話しはそのくらいにして、声が素晴らしくよくて嬉しかった。
そういう意味で何十年ぶりかにTVで沢田さんを見た人にも、歌の素晴らしさを印象づけられたような気がする。
容姿の変化に落胆したという声もちらほら聞くけれど、2001年に一時テレビに出た時、わたしは容姿より、声が変わっていたのに驚き、落胆したものなあ。
(それでも再び沢田研二を聴こうと思ったのは、その当時の「新曲」をちゃんと歌っていたからです。懐かしのヒット曲だけだったら、あー、もうだめじゃない、で終わりだったと思うし)

今回は声の調子も戻ってるし、過去曲も衰えを感じさせず、そして3曲も新曲を歌ったのはよかったと思いましたね。しっかり現役だから、今の歌が歌えるんですよ。

〈バラバラの感想〉
失敗したビデオは最初が切れているので、いきなり今の顔です。 打ち合わせ中のサングラスの横顔。あれはカッコよかった〜。

あと、友人から、ガラスのお立ち台、落ちないか心配だったとメールがきました。(笑) 確かにねえ。狭いですよね。ステージ並みの広さでないと、沢田さんの動きがアピールできないわ。

「勝手にしやがれ」のラストのジャケットキャッチは、よかったですね。つま先立ち? 逆行シルエットでナイスショットでした。

ってことでPart2も楽しみ。

| | Comments (0)

2008.09.17

□バベットの晩餐会

ずいぶん前に公開された映画ですが、見そびれていたのですが、知人にDVDを貸していただき、見ることができました。

北欧の片田舎に暮らす、敬虔なキリスト教徒の姉妹。牧師の父によって厳格に育てられ、姉妹を思う男性がいたにもかかわらず、結婚することなく老年を迎えています。亡くなった父の意志を継ぎ貧しい人々へのボランティア活動を日々行っています。
そこへフランス革命で命からがら逃げ出してきたバベットという女性がやってきます。かって姉のことを好きだったフランス人歌手が紹介してくれたのです。バベットは無給で二人の姉妹の召使いとして働きます。特に料理の腕は素晴らしく。ある日、彼女は宝くじで大金を得ます。そのお金で牧師の生誕祝いを信者を招いたディナーを開きたいと申し出ます。
フランスから仕入れた最高の材料を使った素晴らしい料理の数々。食べたことのない料理に、村人たちは罪悪感すら抱いているのだけれど、あまりの美味しさに、次第に心は開放され、幸福に満たされていくのです。

淡々としていながら、ちょっとおとぎ話のようでもある。さすがアンデルセンの国デンマークという感じか?
でもおとぎ話風味ではあっても、イサク・ディーネセンの原作なんですね。老姉妹とバベットという3人の女性の生き方が、凛としているところが、よいなあと思います。

出てくる人がみんなマントを着ています。フード付きのものや打合せの深いのや、丈が短いのはケープというのかな。きらびやかではないけど、衣裳も素敵。

| | Comments (0)

2008.09.05

○還暦だぞ!! Rock'n'Roll March 沢田研二 at 神戸国際ホール

9月5日金曜日に見てきました。
前回の大阪フェスから約1ヵ月半。待ち遠しかった。
フェスがあまりにもよかったので、友人に声を掛けて一緒に行きました。
2回目だし、2階席だったので、落ち着いて見ることができました。

今回は一応双眼鏡も持っていったんだけど、面倒くさいものですね。かといってよく見えたかというと、そういうわけでもない。ただ、フェスからでも、ずいぶんお痩せになったと感じました。
ちょっと顔色が悪いように思ったけど、化粧していないせいなのでしょうかね。

一緒に行った友人は5〜6年前、一緒にライブビデオを見ていた時期があったのだけど、生ライブは初体験。最新アルバムを事前に聴いてもらっていたこともあって、ずいぶん楽しんでくれた。

まさか立ったり、踊ったりしないだろう(キャラクター的に)と思っていたら、途中からは一緒にやってくれたし、MCでは多いに受けてくれたし。
アンコールのあと、なんとステージの沢田さんに向かって「ありがとー」って叫んでくれました。
なんだかとっても嬉しかった。お誘いしたかいがありました。

あ、極私的感想で申し訳ございません。

途中、ギタートラブルがあって、一瞬シーンとしたのだけど、その時1階で「座れコール」があったらしい。もう、厭わしい問題だわ。前にも思ったけど、真ん中ブロックは着席にしちゃえばいいのに。
左右いずれかのブロックだと、仮に前が立ってもステージに対して斜めだから、あんまり邪魔にならないから、立ちたい人もそれほど気兼ねしなくてもいいのではないかしら。
わたしはむしろ端っこがいいんだけどな。


| | Comments (0)

« August 2008 | Main | October 2008 »