« ■あなたがパラダイス 平 安寿子 朝日新聞社出版局 | Main | ■西の魔女が死んだ »

2008.06.24

■悪人 吉田修一  朝日新聞社

吉田修一を読んだのは久しぶり。 面白かったです。
九州の地方都市で殺害された若い女性。犯人はな彼女を殺したのか? 

驚いた。吉田修一がこんな話を書くようには思えなかったからなー。
でも考えれば、初期の作品には、主人公、祐一のような青年が登場していたし、東京湾景でも出会い系サイトで合った男女の物語だったし、不思議ではないか。

当たり前のことだけれど「犯罪」の被害者、加害者にはそれぞれ家族、友人、知人がいて、それぞれの立場での想いがあるわけで、この辺りの描き方がリアリティがありましたね。彼らの証言によって二転三転する犯人像がスリリングで、ぐいぐい引っ張って行く力強い構成でした。
特に犯人の祖母の身内としての辛さと、それでもまっすぐ生きて行こうとするキャラクターはよかったです。

最後の方の、祐一の饒舌さは、ちょっとらしくない気がしましたが・・・。

|

« ■あなたがパラダイス 平 安寿子 朝日新聞社出版局 | Main | ■西の魔女が死んだ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ■あなたがパラダイス 平 安寿子 朝日新聞社出版局 | Main | ■西の魔女が死んだ »