« □アイム・ノット・ゼア | Main | □ファクトリー・ガール »

2008.05.02

□つぐない

数年前にマキューアンの原作を読んでいたので、楽しみにしていました。映画はいかにもイギリスの文芸大作に仕上がっていました。
1事件 2その後(戦争中)3現在
という3部構成になっていて、事件の経過はとても丁寧に描かれていました。ただ原作でかなりの部分を占めていた戦争中の話は、ちょっと物足りなかったような気がします。
語り手であるブライオニーの少女時代と晩年(ヴァネッサ・レッドグレーブ!)は素晴らしかった。戦争中を演じた役者さんがちょっとイメージ違いだったかな。

|

« □アイム・ノット・ゼア | Main | □ファクトリー・ガール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« □アイム・ノット・ゼア | Main | □ファクトリー・ガール »