« April 2008 | Main | June 2008 »

May 2008

2008.05.30

■今からでは遅すぎる  AA ミルン 石井桃子訳 岩波書店

「今からでは遅すぎる」なんて、後ろ向きなタイトルにも聞こえますが、自己の半生を振り返って、両親、兄弟、友人などをひっくるめた育った環境を考えれば、自分はこれ以外の人間にはなりえなかったという、意味なんです。

ミルンといえばクマのプーさん。わたしにとっては、初の本との触れ合い体験なので(3歳くらいの頃、親に読んでもらったのを記憶している)それだけに思い入れ深いものがあるのです。
当然「クマのプーさん」誕生秘話、みたいなものが書かれているかと思ったら、ほんとにさらっと触れるだけで、ちょっと拍子抜けしてしまう。クリストファー・ロビンも、実際にはクリストファーって呼ばれていなかったみたいです。

私学を経営する父のもと、三人兄弟の末っ子として生まれたミルン。すぐ上の兄ケンと、何をするのも一緒だけれど、兄より少しだけ要領のよかったミルンは、ケンを勉強でもスポーツでも追い越してしまう。
少しだけ要領の悪い兄は、しかしすぐ自分を追い越してしまう弟のことを、深い愛情を持って接しているので、読んでる方は、ケンという人物に非常に高く評価したくなります。で、これを書いたミルン氏の兄に対する愛情も感じられるのです。
本の半分近くはケンと過ごした子供時代〜学生時代の話で、子供の頃は小公子さながらの巻き毛にされていた兄弟たち、HGウエルズが一時、ミルンの父の学校の教師だったとか、パブリックスクールの話など興味深いエピソードがいっぱいです。

後半はパンチの編集助手となり、さまざまなコラムを執筆しながら、作家となっていく経緯が書かれています。じつは、ミルンは劇作家としての仕事が大半を占めたようで、彼の作劇法なども語られて面白いです。(でも戯曲に関しては全く知らないので、残念)
そう考えれば「クマのプーさん」は、ほんの一時、子供のために書いたものが、たまたまここまで有名になってしまった、という感じなんでしょうね。ミルン氏には迷惑だったのかもしれません。

| | Comments (0)

2008.05.17

●ROCK'N ROLL MARCH  沢田研二

沢田研二還暦記念 アルバム”ROCK'N ROLL MARCH” 発売!  (一般発売は5月25日ね。ファンクラブ経由で早く入手しました)

1 ROCK’N ROLL MARCH 沢田 研二 白井 良明
 2 風に押されぼくは 安珠 吉田  光
 3 神々たちよ護れ  沢田 研二 宮川 彬良
 4 海にむけて 沢田 研二 加瀬 邦彦
 5 Beloved GRACE 下山  淳
 6 ロマンスブルー GRACE GRACE
 7 やわらかな後悔 GRACE 柴山 和彦
 8 TOMO=DACHI 沢田 研二 八島 順一
 9 我が窮状  沢田 研二 大野 克夫
10 Long Good−by 岸部 一徳・沢田 研二 森本 太郎
11 護られている I Love you  沢田 研二 泰 輝

作詞はほとんどが沢田研二本人。Graceは現在のバンドのドラマー、安珠さんは元モデルで今はフォトグラファーの方ですね。 作曲の方は柴山和彦・下山淳・泰 輝もバンドのギター、リードギター、キーボードの方々に、大好きな吉田光と、もうひとり八島 順一が加わり、大野さんと加瀬さんそして宮川泰さんの子息が参加されているのが嬉しいですね。

特筆すべきはLong Good−by 岸部 一徳・沢田 研二(作詞) 森本 太郎(作曲)でしょうか。
これはタイガースのメンバーだった「ピー」に向けての歌です。 コーラスが♪ピー、ピー、ピー♪というのが泣けますね。
「わが窮状」ってタイトル聞いたときは??? だったのですが、実は窮状=9条だったのね〜。沢田さんって、時としていきなり社会派ソングを歌ってしまいます。
あとね、TOMO=DACHIって、桂ざこばのことらしい。 ざこばと沢田さんって、何とも意外です。

曲的に一番好きなのは、宮川 彬良作曲の「神々たちよ護れ」かしら。

| | Comments (0)

2008.05.04

■ウォッチメーカー ジェフリー・ディーヴァー

ライムシリーズ 7作目なんだそうです。

うううーん。なんだかもう、こんな「どんでん返し」のための仕掛けって、もういいよ、って気がします。
無理矢理、どんでん返ししてませんか? それを期待されてるから、やらざるをえないのかもしれませんが。


| | Comments (0)

2008.05.03

□ファクトリー・ガール

富豪の娘が、ウォーホルのミューズとして有名になったが、麻薬に溺れ転落していく…というあまりにもありふれた、救いようのないお話。実に実に60年代っぽいですね。映画ではウォーホルとファクトリーの人々やディランが一方的に悪者として描かれ、イーディーはただの可哀想な女の子って感じ。

ヴェルヴェットつながりで、イーディーの伝記や映画「チャオ!マンハッタン」などは随分前に見てたんですが、伝記は関係者のインタビューのみで構成した「オーラルバイオグラフィー」というもので、150人近くの人の証言によって、彼女の様々な面が語られ、立体的に浮かび上がってくるのですね。こちらは非常に読み応えがあった。

イーディーをやったシエナ・ミラーはチャーミングで、なかなか似てたと思うし、ファッションなんかは見てるだけで楽しいけど、映画としては非常にツマンナイ撮り方だと思う。イーディー本人が主演した映画「チャオ!マンハッタン」は、後年のイーディーがファクトリー時代を語るというドキュメンタリーのような映画で、これとあんまり変わらないんだよ。そっくりさんを集めて、なぞっただけで、批評的な視点が全然ないというか…。
その点、伝記映画としては「アイム・ノット・ゼア」の方が、随分マシだったと思う。

ルー・リードもファクトリーガールに対して「ムカつく映画」と言っているらしい・・・・。

| | Comments (0)

2008.05.02

□つぐない

数年前にマキューアンの原作を読んでいたので、楽しみにしていました。映画はいかにもイギリスの文芸大作に仕上がっていました。
1事件 2その後(戦争中)3現在
という3部構成になっていて、事件の経過はとても丁寧に描かれていました。ただ原作でかなりの部分を占めていた戦争中の話は、ちょっと物足りなかったような気がします。
語り手であるブライオニーの少女時代と晩年(ヴァネッサ・レッドグレーブ!)は素晴らしかった。戦争中を演じた役者さんがちょっとイメージ違いだったかな。

| | Comments (0)

« April 2008 | Main | June 2008 »