« □歓喜の歌 | Main | ■楽園  宮部みゆき »

2008.02.15

□ユメ十夜

漱石の「夢十夜」。高校生の時読んだ記憶がありますが、ほとんどおぼえてなかった。「おぶった子供が怪物になる」っていうやつくらいでしょうか。

10人の監督がそれぞれ思い思いに撮ったオムニバス映画。
10人×10分+プロローグ・エピローグで110分とわかりやすい構成ですね。
10分って短いようで、意外と長い。

「運慶」が一番面白かったな。ただ、10年後にみたらどうなんだろう? という気もするけど。

|

« □歓喜の歌 | Main | ■楽園  宮部みゆき »