« 2007年 読書と映画 | Main | ●前夜祭  沢田研二コンサート »

2008.01.07

□カンバセーションズ

新年初映画はやはりDVDでした。
特に、コレって感じで見たい映画もなかったので、なんとなく予告で気になっていたこの作品に。

アーロン・エッカートって結構好きなのです。
いつも「は?」って驚いたような顔をしている奴。

昔の恋人同士(結婚してたらしいけど、6ヵ月くらいの同棲みたいなもの)が、10何年ぶりかに友人の結婚式で再会。そして・・・。
画面2分割という斬新(?)な手法で、ほぼ二人だけの会話で進行していく。舞台劇が元なんだろうか?
2分割画面では、過去の二人の様子や、現在のそれぞれの生活が挿入されたりする。(過去アーロンを演じている俳優が、イーサン・ホークにすごく似ていた)

最終的に、だから!???? っていう映画でした。


|

« 2007年 読書と映画 | Main | ●前夜祭  沢田研二コンサート »