« □カンバセーションズ | Main | □ビヨンド the シー »

2008.01.10

●前夜祭  沢田研二コンサート

そうなのだ。沢田研二熱はしばらく冷めていたのだけれど、昨年、少し気持ちが復活。
ここはやはり正月コンサートに参加せねばと、急遽、席を取りました。
ぴあチケットだと、結構前の端っこがあたる確立が高いですね。今回は下手側11列目でした。


正月コンサートのタイトルは「前夜祭」。なんの前夜祭かといえば、沢田さん6月で60歳。還暦なんです。今年はやるよ、大イベント。その前夜祭として盛り上がろうというところなのですね。
会場は例年通り大阪フェスティバルホール。よく入ってましたよ。(とはいえ、私の隣の2席は空席だった。もったいない。まおかげで3席独占して、踊れたんでよかったけど)

事前情報で、タイガースやPYGの頃によく歌っていた洋楽カバーが多いときいていたのです。登場一発目はTime is on my side. ストーンズですね。
これ以外にもビートルズのNowhere man,She loves you、とか。渋いところではジョーコッカーとか、60年代曲が10曲くらい。しかし、いくら若い時よく歌っていた曲とはいえ、改めて10曲英語の曲歌うって、なかなか大変だと思うのよ。60歳前に、つくづく沢田氏はえらいチャレンジャーだと思います。

ヒット曲は阿久悠作詞曲を中心に。
「勝手にしやがれ」「時の過ぎ行くままに」。
自分でも意外だったが、この曲たちは、今回それほどよいと思わなかった。というか、阿久悠追悼でさんざん全盛期のを聴いたあとなので、声のハリなどの点で、ちょっと見劣りしてしまう気がした。
ところが「サムライ」と「Love 抱きしめたい」に関しては、当時のものより現在の方がいいんだなあ。昔はビジュアルに気をとられていたけど、今回じっくり歌を楽しめたというか。
それから、一般の人にはそんなに知られていないと思うけど沢田研二作詞「灰とダイヤモンド」という曲も、今回とてもよかった。年齢を重ねてさらによくなった曲ですね。

も一つ、これは何度か書いていますが「来タルベキ素敵」という曲。これはもう本当に素晴らしい曲です。同タイトルのアルバムもいいんだけどこの珠玉の曲を、できるだけたくさんの人に聴いて欲しいと切に思うのです。

正直、痩せたとは実はあんまり思わなかったけど・・・衣裳はなかなかよかったし。

とにかく今年、還暦に合わせて東京と大阪ドームでコンサートするつもりだとブチ上げた沢田さん。
いやーすごいよ。 心意気だけでもすごい。
でも11月29日(大阪)、12月3日東京と具体的な日が語られてるわけだから、かなり現実的な話だと思われます。 客席埋まるの?などと若干気にはなるけど「行くよ、わたし行くよ!」という気にさせてくれた、気合いの入ったコンサートでありました。

|

« □カンバセーションズ | Main | □ビヨンド the シー »