« ■秘められた貌  R.B・パーカー 早川書房 | Main | □善き人のためのソナタ »

2007.10.28

□世界最速のインディアン

わたしはバイクには興味ありません。だからこの作品もよく知らないで借りたのでした。でもとてもよかった。
なんと、60歳を過ぎたおじいちゃん バート・マローンが、バイクで世界新記録を樹立するお話なのです。(実話)

バートはニュージーランドの郊外で年金生活をおくっている。若い頃からバイクが好きで独自にチューンアップした「インディアン」というバイクで、アメリカのスピードレースに出るのが夢。
狭心症を発症したことで出場を決意する。ここからニュージランンドから船でアメリカへそしてユタ州までのロードムービとなります。
貧乏旅行なのだけど旅の途中で出会う人々とのふれあいが、また面白い。素朴で一途なバートはどんな人にも(男も女も、ゲイも)愛されてしまう魅力がある。ほとんど一日限りの出会いだけにさらっとしてるけど、いい脚本。

そしていよいよ到着したレースが行われるアメリカのユタ州ボンヌヴィルにあるソルトフラットという場所。これが凄い〜。湖(塩湖)が干上がって真っ白な草原がひろがっているんです。 傾斜のないスキー場のようにも見える。この景色を見るだけでも価値があると思う。

最後にテロップがでるまで、実話だと知らないで見ていたのでしたが、バートじいちゃん、頑張れといつの間にか応援しながら見ていました。

バートの地元ニュージーランドの人々の描き方もよかった。隣に住む男の子トムとの友情もあたたかい。


|

« ■秘められた貌  R.B・パーカー 早川書房 | Main | □善き人のためのソナタ »