« August 2007 | Main | October 2007 »

September 2007

2007.09.30

□ミス・ポター 

ピーター・ラビットの作者であるビアトリクス・ポターの伝記映画。
可もなく不可もなく・・・って感じでしょうか。悪くはないけどね。あっさりしているところは、好感がもてます。

彼女の生涯などは、全く知らなかったので色々意外なことはあったけれど。彼女は良家の箱入り娘で、箱に入れられすぎて、30過ぎても独身だったんですねー。

湖沼地帯の風景はとても美しい。19世紀の風俗などはよく描かれていて面白かったです。(良家の子女はデートするときもお付きの人が側についてるとか)


|

2007.09.25

■家日和  奥田英朗 集英社

30代〜40代の夫婦の日常を描いた短編集。

インターネットオークションにハマる主婦(サニーデイズ)会社が倒産して、主夫として生き甲斐を感じてしまう男性。(ここが青山)別居中の家を「男の隠れ家」に変えてしまった男性。(家においでよ)営業マンにときめいてしまう内職主婦。(グレープフルーツモンスター)ロハスな暮らしに目覚めた妻と小説家の夫。(妻と玄米御飯)最後の話は実話ですか? (^_^;)

みんな面白いのだけどね・・・。うまいし。

奥田英朗って「最悪」を読んだのが最初だったので、わたしにとっては長編作家のイメージが強いのです。
最近、なんだかこういう軽いタッチが作品が多くて、ガツンとくるようなものが、読みたいなあ、と思う。

|

2007.09.21

■対岸の彼女 角田光代 文藝春秋

ナナコと再会する時の、葵の父がよかった。

|

2007.09.20

□スキヤキウエスタン ジャンゴ

久々に映画館に行きました。「舞妓haaaaan」以来だわ。
子供の頃、マカロニウエスタンが全盛だった。でもほとんど見たことがないので、よくは知らない。イーストウッドとか、フランコ・ネロとか、ジュリアーノ・ジェンマとか、俳優の名前だけ思い出す。

三池崇監督・ウエスタン・全編英語・豪華キャスト  という噂に、制作発表時から期待していたのでした。
とある村にやってきたひとりのガンマン。その村は源氏と平家がお宝をめぐって争っていたのだった。

松重豊が、なかなかよかった。

|

2007.09.19

■千年樹 荻原浩 集英社

樹齢千年という巨大なクスノキ。 千年の間にその木のまわりで起こったさまざまな出来事を描く連作短編。
それは木の歴史であり、人々の歴史でもあります。
装丁がなかなか不気味でホラーっぽいのですが、お話自体はそんなにおどろおどろしくありません。


千年前の戦で死んだ豪族の家族と、いじめで自殺しようとする学生のエピソード。
空襲で死んだ少年の宝物と現代の幼稚園児のタイムカプセル。
あるいは愛する人を待ち続けた女郎と女子大生の恋。
戦争中の祖母の恋愛と孫娘の恋愛・・・・
という風に、過去と現代を対比させながら描かれ、それが微妙にリンクしています。現代編のキーパーソン雅也君に注目です。

おばあさんのと孫娘のエピソード「バァバの石段」が好きでした。

|

2007.09.13

■失われた時間 クリストファー・ブッシュ  論創社

論創海外ミステリ シリーズ 
中学生頃によく読んだ懐かしの「推理小説」です。「完全殺人事件」の作者だそうです。読んだことあるかもしれないけれど、忘れた。古き良き時代のミステリですね〜。 探偵もディレッタントって感じで。

|

2007.09.11

■ミノタウロス  佐藤亜紀

読んだ直後は何もかけなかった。打ちのめされたという感じ。

いつもながら、そんな分厚いわけではないのに、重量感ぎっしりです。
ロシア革命前後にウクライナの地主の息子が体験する暴力と殺戮と奸計の物語。

ただ、好きかと問われるとあまり好きではなかったなあ。というか、はなから主人公への共感などは、無視されているといったほうがよいのか。
そんな中で飛行の天才であるオーストリアの脱走兵のキャラクターは、際立っていた。


|

2007.09.03

□ハッピーフィート

会社の同僚が貸してくれたDVDを鑑賞。

ペンギンのCGすごい。アデリーペンギンたちが特にかわいいよ〜。

歌もダンスも楽しかった。20世紀の珠玉の名曲がちりばめられていて、そういえばペンギンママの声をやっているニコール・キッドマン主演の「ムーラン・ルージュ」もそうだったけ?

ペンギンの生態を結構きちんと描いてたのに、感心。
環境問題とからめた後半はどういう展開にするのかと思ったら、ふーん。
今時、ペンギンを主役にするなら、こういう作りになるのは仕方がないかもしれません。

それにしても主人公マンブル君は大人になっても「うぶ毛」がなくならなかったんだねえ。(笑)

|

« August 2007 | Main | October 2007 »