« □ブライアン・ジョーンズ 〜ストーンズから消えた男〜 | Main | □LOFT »

2007.06.29

■アーサー王物語 III

引き続き読んでいます。
2巻は誰も借りてなかったのに、3巻は借りている人がいた。なぜこれだけ読もうとしたのか? きっと帯に「トリストラムとイソード至純の愛」って書いてあったからに違いないと思う。

しかし読んでみると、まだ二人の物語は完結していないのだった。 で、結局中身は相変わらず、円卓の騎士たちが戦っているだけといっていいでしょう。旅の途中、遍歴の騎士たちが出会って戦うというのもあれば、各地の王たちが主催する「馬上槍試合大会」などに参加して栄誉を得るという時もあります。

この時代は当たり前だけど、写真も何もないので「有名」なのは名前だけなんだよね。顔は知らないし、顔を知ってはいても兜をかぶれば誰だかわからない。だから戦いの場で相手がわからないときがある。これはまあ、納得。
でも読んでると、兜を取って何度も会っている人でも「お名前を」「私は○○です」「おお!兄よ」ってな会話があったりするんです。なぜ、兄がわからない(^^;)
トリスタンとラーンスロットもアーサー王も、しょっちゅう顔を合わせてるんですが、なぜか「お前はだれだ?」「いや、今は名乗れませぬ」みたいな会話があったりして。この時代の人々は「顔」に対する認知能力が異常に低く描かれています・・・。もう、コメディとしか思えない。
アーサー王も、自分ちの円卓の騎士なんだから、顔くらい覚えておけよ・・・と。

それにしても、この巻の陰の主役はパロミデス卿ですね。この人はトリスタンの恋人イソードに片思いしてるんです。彼は可哀想ですよ〜。トリスタンとイソードは、色々あったけれど、現在のところラーンスロットの館で二人楽しく暮らしてるんですが、パロミデスは、イソードに手も触れることができないほどの純愛で、悶々としている。
で、ひとり泣きながら森で彼女への思いを詩に託し、大声で吟じていると、トリスタンに立ち聞きされちゃったりします。

つづく・・・・・

|

« □ブライアン・ジョーンズ 〜ストーンズから消えた男〜 | Main | □LOFT »