« ■赤い羊は肉を喰う  五條瑛 | Main | □ホリデイ »

2007.03.26

■ドミノ 恩田陸 角川書店

恩田作品では久々に面白かった。ま、それだけなんですが。
いつも、設定やプロットに引き込まれて、ずんずん読んでいくのだけど、最後の方になって、なんだか腰砕け・・・って感じてしまうことが多いのです。(わたしの場合)

「ドミノ」は多種雑多な登場人物のそれぞれの状況がからみあい、交差し、東京駅で迎える一大クライマックスへなだれ込む手腕はとてもうまくいっていたと思います。
このまんま映画化できそうだね。

|

« ■赤い羊は肉を喰う  五條瑛 | Main | □ホリデイ »