« ■壁抜け男 マルセル・エイメ | Main | ■マイ・ラスト・ソング 最終章 久世光彦 »

2007.02.18

■ミステリアス・セッティング 阿部和重  朝日新聞社

帯に書いてある「純真小説」「 現代のマッチ売りの少女」に 阿部和重どうした? と思って読み始めたんだけど、やっぱり阿部ちゃんでした。「ニッポニア・ニッポン」を思わせる雰囲気があります。
主人公のシオリちゃんの物語とそれを語る爺さんの話を聞いた僕が語るという3重構造なのでありますが、なんで3重構造になっているのか、ラストでようやくわかるのであります。

|

« ■壁抜け男 マルセル・エイメ | Main | ■マイ・ラスト・ソング 最終章 久世光彦 »