« ■十二国記  小野不由実 講談社文庫 | Main | □フラガール »

2006.10.02

■わたしを離さないで カズオ・イシグロ 早川書房

優秀な介護人であるキャシーは、自分が生まれ育った施設のこと、そして一緒に育った仲間たちのことを語り始める。しかし、彼女が淡々と細かにその施設のことを語るほどに、奇妙な気持ちになってくるのです。
一体この施設は何の目的で、そして子供たちはどうしてここで育てられているのか?   驚愕の事実が明らかになります。

この真摯で饒舌な語り手によるちょっとゆがんだ世界の表出というのは「日の名残り」の手法と同じで、「日の名残り」は哀しみの中におかしさがあったけど、こちらは純粋に悲しいのね。
とはいえ「人は何のために生まれてきたのか」というテーマを純粋に突き詰めた物語であります。

|

« ■十二国記  小野不由実 講談社文庫 | Main | □フラガール »