« ■プラスティック・ソウル 阿部和重 講談社 | Main | ■グランドフィナーレ  阿部和重 講談社 »

2006.04.10

□リバティーン

今年ようやくはじめて劇場で見ました〜。
16世紀のイギリスに実在した詩人・劇作家ロチェスター卿。才能はあったが酒と女遊びで33歳の若さで梅毒にかかって死んでしまう。役者としてはやりたい役だと思うけど、見てるほうとしてはあまり共感できないかも。女優より、奥さんの方がいいじゃん。なのでなぜ女優に惹かれていくかに関して、説得力がなかったように思うなあ。
最初と最後のジョニー・デップはとても素敵なのだけど。

一週間たちましたが、テーマ曲が耳について離れないよ〜。 音楽はすごく素晴らしい。

|

« ■プラスティック・ソウル 阿部和重 講談社 | Main | ■グランドフィナーレ  阿部和重 講談社 »